転職を成功させたいなら、キャリアビルダーを目指そう!

転職回数が多いと不利になる?

終身雇用制度が崩壊し、年功序列制度が一般的でなくなったことにより、転職に対する価値観も変わってきました。転職がリスクと考えられていた時代よりも、転職回数が多いことで採用担当者からネガティブなイメージで見られる目は少なくなってきたようです。

しかし雇用する企業の立場からすると、ジョブホッパーと呼ばれる、転職回数の多い人は敬遠されやすい傾向にあります。

  • これまでの経歴から、今回も長期勤続が見込めそうにない
  • キャリア形成ができていないため、教育コストがかかる

キャリアビルダーを目指そう

今の採用現場では「転職回数」よりも「転職した理由」が重要視されます。転職した理由に一貫性があり、採用担当者も納得できる理由であれば、転職回数が多くても転職に成功する人もいます。

スキルアップを目指し、計画的に転職してキャリアを積み重ねる人たちは「キャリアビルダー」と呼ばれています。

キャリアビルダーは、転職する前に次につながる結果を積み上げる傾向があるため、転職するたびに幅広いスキルを身につけていきます。自身の人材価値が高めてからの転職であるため、企業からは即戦力として期待され、転職回数が多くともポジティブに見られます。

キャリアビルダーとは

キャリアビルダーに明確な定義はありませんが、計画的に転職してキャリアを積み重ねる人のことを指します。

キャリアビルダーは、転職する前に次のステップにつながる結果を積み上げてから行動する傾向があるため、転職をするたびに、収入や待遇がアップしているのが特徴です。具体的には、職務の実務経験で優秀な成績を残す、キャリアアップするための資格を取得する、役職が昇格するといった結果を前職で残しているようです。

企業から見たキャリアビルダーのイメージ

採用担当者は、キャリアビルダーにどのようなイメージを持っているのでしょうか。

キャリアビルダーは、転職する前に次につながる結果を積み上げる傾向があるため、転職するたびに幅広いスキルを身につけていきます。自身の人材価値が高めてからの転職のため、企業からは即戦力として期待されています。転職回数が多いことも、「この人なら、わが社にも新しい風を入れてくれるかもしれない」とポジティブに受け止められます。

採用担当者が持つキャリアビルダーのイメージを挙げます。

  • 将来的には辞めていくかもしれないが、結果を残してくれそうだ
  • これまでの経歴から様々なスキルを持っていそうだ
  • 計画性や忍耐力、ストレス耐性がありそうだ
  • いろいろなポジションを経験しているので、コミュニケーション能力が高そうだ
  • 自身の軸にそった、中長期的なキャリアプランを持っていそうだ

キャリアビルダーとジョブホッパーの違いとは

数年で転職を繰り返す人の中で「ジョブホッパー」と呼ばれる人たちがいます。

キャリアビルダーは、計画的に転職してキャリアを積み重ねていきますが、ジョブホッパーは、転職する理由を「上司とウマが合わない」「仕事がつまらない」といった環境のせいにしがちです。ジョブホッパーは、こだわりが強く理想像が高い傾向があるため、コミュニケーションを取りにくいという特徴を持っています。

キャリアビルダーに必要なこととは

自社にない経験やスキルを持ち込んでもらって会社自体を底上げしたい、と思っている企業にとって、中途採用はやはり即戦力であることが求められます。即戦力が欲しい企業にとって、一貫性があり、その職種・業界に精通したスキルを持っている転職者は、価値のある貴重な人材です。

一貫性があるスキルを持つためには、自分の中長期的なキャリアプランをしっかり作ることが必要です。転職する前に、職務の実務経験で優秀な成績を残す、キャリアアップするための資格を取得する、役職が昇格する、といった目に見える結果があれば、採用担当者に積極的にアピールしやすく、キャリアビルダーとしての印象を持ってもらいやすいでしょう。

スキルアップを目指し、実行している転職者、実績のある転職者は、転職回数が多くても「自社で活躍してくれそうだ!」という期待から、キャリアビルダーとして認められやすいのです。

人も企業も個性豊かな時代なので、あらゆる人にチャンスはあります。ただ転職を繰り返すのではなく、転職によって自分がやりたいことの軸がぶれないようにすることが大切です。

自分は何がしたいのか、将来どのようなキャリアを積んでいきたいのか、自分のなりたい理想像を常に意識し、自身に落とし込んでおくことが必要です。

キャリアビルダーを目指すなら、自己分析をしよう

数年で転職を繰り返し、転職回数が多い転職者は「ジョブホッパー」と「キャリアビルダー」の2種類に分けることができます。転職回数が多い人は、「キャリアビルダー」を目指すことが転職を成功させるために必要です。

転職する理由を明確にし、身に付けた経験やスキルなどと共に一貫性を持って説明できる人が「キャリアビルダー」として認められるのです。

自身のキャリアに一貫性を持ち、スキルアップを心がけましょう。一貫性を持つためには、自分のやりたいことや将来像を明確にし、今なにをすべきなのかを明らかにすることが必要なため、自己分析をすることが有効です。

「ジョブホッパーになりたくない」または「ジョブホッパーかもしれない」と不安になっているのであれば、自分の過去の経験からどのような強みがあるか、どんな価値観を大切にしたいかなどを、自己分析から明確にしていきましょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ