記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 質問 」一覧

    面接の評価を客観的に行う方法とは?属人化を防ぎ、主観評価から脱却しよう!

    面接官をやっていると、現場担当者の評価や経営者との評価が違ったり、活躍してくれると思った人材が実際には活躍してくれなかった・早期離職してしまったなどの問題に直面することがあります。多くの場合は、人材の評価が「個々の面接官の主観」が入ることで、意見が食い違ってしまうことが原因です。人材を正確に評価するためには、主観評価から脱却し、客観的に人材を評価することが大切です。客観的な評価を行うためには、ハロー効果などの第一印象にとらわれないことはもちろんのこと、評価項目や評価基準を明確にしておくことや面接官のトレーニングが必要不可欠です。今回は面接において、応募者を客観的に評価できるようになる方法を4つのステップに分けて説明します。

    KSAOでの業務分析とは?求める人物像を定義するためにKSAOを活用しよう!

    採用戦略を立てる上で、求める人材を定義する必要があります。採用活動を成功させるためには、求めているポジションにどのような能力が必要なのかを明確にしなければなりません。KSAOを用いた業務分析は、アメリカ企業でよく用いられている方法です。今回は求める人物像を明確にするために、KSAOでの業務分析を行う方法について説明します。