記事カテゴリー

「 組織風土 」一覧

アプリシエイティブインクワイアリーのやり方とは?原理とステップを理解する

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。アプリシエイティブアプローチのやり方としては、8つの原理を理解した上で4つのプロセスを踏むことが大切です。今回はアプリシエイティブインクワイアリーのやり方について説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーとは?良い所を認めて伸ばす

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。従来の「失敗した原因を探す」「弱みを潰す」という方法とは逆の手段を取り、人材育成や組織活性化のアプローチとして注目されています。今回はアプリシエイティブインクワイアリーについて説明します。

野球型組織とは?トップダウン組織の強みやメリットを理解する

野球型組織とは組織構造の一つで、経営層(監督やコーチ)の明確な指示のもと機能する組織のことです。役割や職務が細分化されているため、マネジメントや人事評価がしやすい強みがありますが、主体性が失われる・変化に柔軟に対応することが難しいなどのデメリットもあります。今回は野球型組織について説明します。

サッカー型組織とは?臨機応変で主体的な組織を目指すために

サッカー型組織とは組織構造の一つで、社員一人ひとりが経営方針に従い、状況変化に応じて主体的に判断・行動する自律の進んだ組織のあり方です。共通の目的に向かって、裁量が与えられた従業員が主体性を持って行動できる組織ですが、目的が不明確・裁量がないなどの組織では実現することができません。今回はサッカー型組織について説明します。

職場環境の改善にはアンケートを活用しよう!測定できないものへの対応方法

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境の課題や改善効果を計測するためには、人間関係やメンタルヘルスなどの測定しづらい要素を測定する必要があります。今回は職場環境の改善に使えるアンケートについて説明します。

職場環境を改善した企業事例とは?改善したい課題や目的を明確にしよう

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境を改善・整備するためには、改善すべき課題や実施する施策の目的を明確にし、従業員が一眼となって取り組むことが大切です。今回は、職場環境を改善した企業事例から、どのようなことが課題だったのか、どのような施策を実施したのか、どのような結果を得られたのかについて説明します。

職場環境改善の優先順位とは?深刻になる問題から解決を行おう

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境を改善・整備するためには、改善すべき要素に優先順位をつけて取り組むことが大切です。今回は職場環境改善を行うために、放置すると深刻になる問題から優先順位をつけながら、改善方法について説明します。

職場環境を従業員同士のコミュニケーションから改善する方法とは

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境を改善・整備するためには、温度や湿度といった数値で計測できる要素だけでなく、人間関係などの計測しにくい要素も改善していくことが大切です。今回は職場環境をコミュニケーションから改善する方法について説明します。

職場環境の整備方法とは?職場環境を構成する要素を理解しよう

職場環境は、社員の労働生産性や健康、離職率や業績にも直結する重要な要素です。職場環境を改善・整備するためには、温度や湿度といった数値で計測できる要素だけでなく、人間関係や業務の難しさなどの計測しにくい要素も理解することが大切です。今回は職場環境における構成要素について説明します。

企業遺伝子とは?作成する目的や作成方法、有効活用事例について

企業遺伝子とは、企業が自社の魅力や自分たちらしさを明確に捉え、強みとして優位性を見出し適応するために作られた言葉です。企業遺伝子と企業理念は深く繋がっており、企業遺伝子を明確にしていく過程において企業理念も自然と明らかにすることができます。今回は企業遺伝子の作成方法や活用した企業事例について説明します。