記事カテゴリー

「 組織風土 」一覧

インテグリティとコンプライアンスの関係とは?炎上から自社を守ろう

インテグリティ・マネジメントとは、組織を構成する「人」と「規範」に対する誠実さを軸とした組織経営を意味する言葉です。インテグリティに欠ける振る舞いは、コンプライアンス違反による「炎上」の原因となり、企業に致命的な打撃を与える危険があります。今回は、インテグリティ・マネジメントによるコンプライアンス違反の防止方法をご紹介します。

インテグリティがある人材の特徴や、企業に与えるメリットとは?

インテグリティとは「誠実さ」「真摯さ」「高潔さ」などと訳される、人間関係を築く上で重要な価値観を意味する言葉です。インテグリティを身につけるためには、手本となる人物の行動を真似るだけでなく、何故その行動に至ったのかという理由を考えることが大切です。今回は、インテグリティがある人材の特徴や企業に与えるメリットについてご紹介します。

インテグリティとは?意味や定義、企業にとって重要な理由について

インテグリティとは「誠実さ」「真摯さ」「高潔さ」などと訳される、人間関係を築く上で重要な価値観を意味する言葉です。インテグリティは、従業員の生産性向上や顧客との信頼関係構築につながるなど、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はインテグリティの意味や定義、企業にインテグリティが求められる理由についてご紹介します。

優秀な人材に選ばれる企業の特徴とは?魅力的な企業の4つのポイント

優秀な人材とは、業績に貢献できる高い能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材が魅力的に感じる企業には共通の特徴があり、優秀な人材にとって魅力的な企業になるべく努力することは、優秀な人材の採用や定着を図る上で非常に重要です。今回は、優秀な人材の特徴と、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴についてご紹介します。

ウーマノミクスの企業事例から見る会社側のメリットや効果とは?

ウーマノミクスとは、女性が活躍できる社会づくりを進め、 経済の活性化につながるように取り組んでいく社会を意味する言葉です。ウーマノミクスの効果や取り組み方を知るためには、実際に取り組んだ企業の事例からヒントを得る方法が効果的です。今回は、実際にウーマノミクスに取り組んだ企業の事例をご紹介します。

ダイバーシティマネジメントの企業事例と具体的な成果をご紹介!

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。自社でダイバーシティマネジメントに取り組む際には、他社の企業事例を参考にすることで、施策の質や成功率を上げることができます。今回は日本とアメリカにおけるダイバーシティマネジメントの歴史と、ダイバーシティマネジメントの企業事例をご紹介します。

ダイバーシティマネジメントのアメリカにおける企業事例と歴史とは?

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメント発祥の地であるアメリカにおける歴史や企業事例からは、今後自社で取り組んでいく際のヒントが得られます。今回はダイバーシティマネジメントについて、アメリカにおける歴史や企業事例をご紹介します。

組織適応力の高い人材とは?組織適応性の4つの傾向から見極める!

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを判断するための根拠となる、人材の性格や価値観の傾向を意味する言葉です。自社の組織風土に合った組織適応力を持つ人材を採用できれば、離職率の改善や生産性の向上が期待できます。今回は自社への組織適応力が高い人材を見抜くために、組織適応性にはどのようなタイプがあるのかをご紹介します。

アンコンシャスバイアスの具体例とは?偏見の原因と対策方法について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスへの対策を考える際には、アンコンシャスバイアスが持つ2つの厄介な特徴に注意が必要です。今回は企業で発生し得るアンコンシャスバイアスの具体例と、対策の方法についてご紹介します。

アンコンシャスバイアスとは?意味や定義、企業への悪影響について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスは、多様な人材を労働力として迎え入れる障害となるため、企業で働き方改革を進める際には必ず対策しなければならない問題です。今回はアンコンシャスバイアスの意味や定義を説明し、アンコンシャスバイアスが企業に与える影響と防止策についてご紹介します。