記事カテゴリー

「 組織風土 」一覧

アンコンシャスバイアスの具体例とは?偏見の原因と対策方法について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスへの対策を考える際には、アンコンシャスバイアスが持つ2つの厄介な特徴に注意が必要です。今回は企業で発生し得るアンコンシャスバイアスの具体例と、対策の方法についてご紹介します。

アンコンシャスバイアスとは?意味や定義、企業への悪影響について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスは、多様な人材を労働力として迎え入れる障害となるため、企業で働き方改革を進める際には必ず対策しなければならない問題です。今回はアンコンシャスバイアスの意味や定義を説明し、アンコンシャスバイアスが企業に与える影響と防止策についてご紹介します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの問題点とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションを実施するためには、組織風土や従業員の意識改革などの長期的な視点での改善が必要な問題もあるため、早めの取り組みが重要です。今回はアファーマティブアクションを実施する上での問題点と解決方法をご説明します。

アファーマティブアクションの取り組むべき課題や具体例とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションの取り組みとは、単に女性を雇用すればよいというものではなく、解決を目指す課題によって取り組むべき手法が異なります。今回はアファーマティブアクションで取り組むべき課題と、課題によって異なる手法についてご説明します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの意味や目的とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。企業がアファーマティブアクションに取り組むと、男女格差を是正できるだけでなく、様々なメリットを得ることができます。今回はアファーマティブアクションの意味と必要な理由、メリットやデメリットなどについてご説明します。

メンター制度のメリット・デメリットとは?目的と効果を明確にしよう

若手人材の教育だけでなく、離職率を低下させる手法としてもメンター制度が注目されています。日本政府も、メンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開したりと、企業にメンター制度の導入促進を行っています。メンター制度を導入すれば必ず効果が得られるわけでなく、メリットだけでなくデメリットにも着目し、事前に対策を練っておくことが効率的な運用には欠かせません。今回はメンター制度導入のメリットやデメリット、デメリットへの対策について説明します。

メンター制度とは?若手人材育成だけでなく、離職防止にも活用しよう

メンター制度とは、1980年代にアメリカで発祥したと言われる人材育成の指導方法です。日本企業では51%の企業がメンター制度、準ずる制度を導入しているとの調査もあります。メンター制度には人材育成の面だけでなく、離職率の低下や組織風土の醸成にも有効です。日本政府としても離職率の低減を目指すために「人材確保等支援助成金」でメンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開するなどの導入支援を行っています。今回はメンター制度導入によってどのような効果が得られるのか、メンター制度導入のメリットやデメリットについて説明します。

企業風土や組織文化、社風の意味や定義の違いとは?

会社の内部や従業員の人間関係などを示す言葉として「組織風土」「組織文化」「社風」などが用いられます。抽象的であいまいな概念である組織風土や組織文化、社風ですが、厳密には全て言葉の意味に違いがあります。組織風土は社員のモチベーション、組織文化は仕事のやり方、社風は人間関係に影響を与えるものです。人事業務や経営戦略に組織風土や組織文化、社風という言葉を用いる上で、それぞれの言葉の意味や違いを正確に理解できるようになるために、解説いたします。

組織風土改革の成功事例・失敗事例とは?成功・失敗要因を探る

多くの企業が組織風土改革に取り組んでいます。成功した企業はもちろん、残念ながら失敗した企業も数多くあります。今回は組織風土改革に取り組んだ企業事例から、改革が成功した要因や失敗した要因について読み取っていきます。最も大切なのは、組織風土の改革には必ず明確な目的が必要なことです。「組織風土の改革」はあくまで課題解決の手段であり、改革をすることが目的ではありません。その他にも大切な要因は様々あります。実際の改革事例を紹介しながら説明します。

組織風土の改善方法とは?プロセスやポイント、注意点について

組織風土は改善できます。しかし、組織風土は自然発生して外部からの影響を受けにくいため、改善には多くの期間と労力を必要とします。組織風土を改善するためには、まず組織風土がどのようなものか、自社の組織風土の現状を把握する、理想とする組織風土とのギャップを埋める過程が必要となります。従業員一人一人の理解を得ながら、「なぜ組織風土を改善するのか」を明確にし、仕組みや制度を浸透させる方法について説明します。