記事カテゴリー

「 価値観 」一覧

希望的観測とは?希望や願望による判断が深刻な問題を引き起こす

希望的観測とは、根拠や理にかなった理由もなく「そうなって欲しい」という、希望に影響されてものごとを判断してしまうことをいいます。ポジティブ思考でプラスに働くケースもありますが、論理的な根拠がないので地に足のついた考え方ではなく、確実性に欠ける観測でしかありません。今回は希望的観測について説明します。

フレーミング効果を採用活動へ活用する方法とは?自社イメージの向上に

フレーミング効果とは、実質的には同じ意味を表す選択肢であっても表現方法などが異なるだけで、受け手が全く異なる選択をしてしまう現象のことです。例えば「離職率10%の企業」というより「社員定着率は90%の企業」とPRする方が、多くの人に「人材を大切にする企業なのだな」という印象を持ってもらいやすくなります。今回はフレーミング効果を採用活動へ応用する方法について説明します。

フレーミング効果とは?伝え方や表現方法を変えるだけで印象が変わる!

フレーミング効果とは、実質的には同じ意味を表す選択肢であっても表現方法などが異なるだけで、受け手が全く異なる選択をしてしまう現象のことです。支払うお金を「損失」から「費用」「投資」と言い換えるだけで印象が劇的に変わり、マーケティングや営業の世界でも用いられている心理効果です。今回はフレーミング効果について説明します。

Z世代の特徴とは?モノが溢れるソーシャルネイティブで育った価値観

Z世代はミレニアル世代に次ぐ世代のことであり、1996年から2012年生まれの世代で、近年の新卒学生に該当する世代です。Z世代はソーシャルネイティブと呼ばれ、幼少期からインターネットが存在しモノが溢れる時代、失われた20年に生きてきた世代です。今回はZ世代の特徴について説明します。

ミレニアル世代の特徴とは?育った環境により生まれた価値観を理解しよう

ミレニアル世代とは、1981年~1995年ごろに生まれた世代であり、幼少期~学生時代から、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境が整っていた世代を指します。彼らはデジタルネイティブであり、SNSを通じて本来知り合えなかった人と交流を持つ機会に恵まれていたため、ミレニアル世代以前の世代とは異なる考え方をする傾向にあります。今回はミレニアル世代の特徴について説明します。

1on1ミーティングの導入企業事例とは?管理職の育成にもつながる

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されています。近年は働き方改革やwithコロナ・ポストコロナという状況下にあり、ワークスタイルやコミュニケーションの形態そのものの変化の時期でもあります。この記事では、1on1ミーティングを導入し、職場環境の改善に成功した事例を3件紹介します。

ミレニアル世代とは?デジタルネイティブで育った世代の特徴を知る

ミレニアル世代とは、1981年~1995年ごろに生まれた世代であり、幼少期~学生時代から、パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境が整っていた世代を指します。彼らはデジタルネイティブであり、SNSを通じて本来知り合えなかった人と交流を持つ機会に恵まれていたため、ミレニアル世代以前の世代とは異なる考え方をする傾向にあります。今回はミレニアル世代について説明します。

1on1ミーティングで使えるシートに書かれている3つの内容とは?

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されています。1on1を制度化するにあたって、どのような内容を話すのかを事前に準備しておくことが大切です。今回は1on1ミーティングで使えるシートに書かれている3つの内容について説明します。

ゆとり社員への教育方法とは?特徴を知り、効果的に育成しよう

ゆとり社員とはゆとり教育を受けた社員のことで、2026年の新卒まではゆとり社員に該当すると言われています。いつの時代も世代間ギャップは生じており、性格や価値観の違いからトラブルに発展することも多くあります。ゆとり社員を教育するためには、ゆとり世代の特徴を踏まえながら、適したコミュニケーションを行うことが必要です。今回はゆとり社員への教育方法について説明します。