記事カテゴリー

「 価値観 」一覧

ゆとり社員の特徴とは?親の教育や周囲の環境から影響を受けている

ゆとり社員とはゆとり教育を受けた社員のことで、2026年の新卒まではゆとり社員に該当すると言われています。いつの時代も世代間ギャップは生じており、性格や価値観の違いからトラブルに発展することも多くあります。ゆとり社員の特徴として挙げられる項目は、親の教育や周囲の環境から影響を受けているものが多くあります。今回はゆとり社員の特徴について説明します。

1on1ミーティングとは?目的や実施するメリット・デメリットについて

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されています。複数の部下をもつ上司の場合、1on1ミーティング実施での業務負荷は無視できないものとなり、ただ導入するでは雑談で終わってしまう、逆に信頼関係を崩壊させてしまう可能性もあります。今回は1on1ミーティングについて説明します。

ゆとり社員とは?世代の特徴を把握しながら、個人の特性に注意する

ゆとり社員とはゆとり教育を受けた社員のことで、2026年の新卒まではゆとり社員に該当すると言われています。いつの時代も世代間ギャップは生じており、性格や価値観の違いからトラブルに発展することも多くあります。ゆとり世代の特徴を踏まえながら、個人の性格や価値観についてきちんと理解することが大切です。今回はゆとり社員について説明します。

イントレプレナーとアントレプレナーの違いや共通点とは?

競争が激化するビジネスシーンで生き残るために重要なのが「新しいものを生み出し続けること」です。こうした創造力のカギを握る人材がイントレプレナーやアントレプレナーです。どちらも新規事業の立ち上げには欠かせない人材ではありますが、両者にはどんな共通点があり、どんな相違点があるのでしょうか?この記事では、混同しやすいイントレプレナーとアントレプレナーの概念について解説します。

アンラーニングの実施方法とは?リフレクションを大切にしよう

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も会社もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。ここでは「アンラーニング」を実際に実施するための方法について説明します。

社内起業家・イントレプレナーの育成事例とは?企業として取り組む施策

競争が激化するビジネスシーンで生き残るためには、常に新しいものを生み出し続ける創造力が不可欠です。カギを握るのが起業家精神(イントレプレナー)ですが、日本は世界的に育成が遅れている傾向にあります。この記事では、いわゆる社内起業家であるイントレプレナーの育成事例を3つ紹介します。

アンラーニングとは?過去の知識や経験にとらわれずに育成を行う

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も組織もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。今回はアンラーニングの概要について説明します。

イントレプレナーの特徴とは?社内起業家を抜擢・育成しよう

イントレプレナーとは社内起業家を意味する言葉であり「会社の従業員として新規事業を起こす」ことを意味します。新規事業や新サービス・新製品のサイクルも短期化しており、回転の速さに対応する柔軟性と新しいものを作り続ける創造性が大切です。この記事では、イントレプレナーとして抜擢したい人材の3つの特徴を紹介します。

イントレプレナーとは?次世代リーダーの育成が何故組織に重要なのか

イントレプレナーとは社内起業家を意味する言葉であり「会社の従業員として新規事業を起こす」ことを意味します。多くの企業が経営課題として挙げている「新規事業の開発」や「人材の強化」を行うためにはイントレプレナーを理解することが大切です。今回はイントレプレナーが何故企業にとって重要なのかについて説明します。

ゆでガエル理論の原因と対策とは?市場の変化に対応していこう

ゆでガエル理論とは、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。過去の成功にとらわれたり、成長意欲がなかったり、組織としてまとまりがなく風通しの悪いものであったりする場合にはゆでガエルに陥りやすくなります。今回はゆでガエルになる原因と対策方法について説明します。