実行力と行動力の共通点と違いとは?人材要件を詳細に落とし込むために

若手採用のキーワードの「実行力」と「行動力」

経済産業省は「人生100年時代の社会人基礎力」を題して、3つの能力と12の能力要素を定義づけました。3つの能力は「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」。実際に、これらの採用市場での需要は高まっています。

マイナビによる「(新卒の)選考時に重視する力」の調査結果です。項目は前述の経済産業省によって掲げられた「人生100年時代の社会人基礎力」で挙げられた12の能力要素ですが、「主体性」「実行力」で特に高い数字が出ていることは注目に値します。両者は「前に踏み出す力」を構成する要素として位置付けられており、若手人材にはこの力が強く求められている傾向があることがわかります。

選考時に重視する力
出典元『マイナビ』2020年卒マイナビ企業新卒採用予定調査

日経新聞と日経HRは「企業の人事担当者からみた大学のイメージ調査」をみてみましょう。このランキングで査定項目となったのは、「行動力」「対人力」「知力・学力」「独創性」の4つです。ランキングの第1位となった九州大学は、その4つのなかでも特に「行動力」で高いスコアを出しています。大学が基幹教育として「アクティブラーナー」の育成を目指していることにもよります。アクティブラーナーとは文字通り「能動的に学ぶ人」です。学び続ける意志を持ち、未知の問題や課題に対して挑戦する精神を持った人であり、「指示待ち族」の対極とも言えるこうした人材の社会的な需要は、ビジネスシーンの多様化とともに増大しています。

参考URL『日経HR』企業の人事担当者から見た大学イメージ調査 『就職力ランキング 総合1位は北海道大学』上位を国公立が占める

現在の採用市場では「実行力」や「行動力」など、能動的な活動精神を持つ人材の需要が高い傾向にあることがわかります。今回の記事では、汎用性の高いスキルでありながら混同しやすい「実行力」と「行動力」に着目し、共通点と違いを紹介します。

実行力と行動力とはどんなスキルなのか?

実行力とは、ある目的を実現するための計画的な行動を起こせる力のことです。単純に「なにかをする」だけではなく、実行力では目的に対して現状とどんな差があり、その差を埋めるために必要な要素を見つけ、段階的にどのように解決していくかを論理立てて考える能力も求められます。

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。状況を変えたい、仕事で目標を達成したい、理想の自分に成長したい……抽象性や具体性の差は様々ですが、なんらかの願望を叶えるためにはみずからが動かなくてはなりません。目標に対するフットワークの軽さを「行動力」と呼ぶこともできるでしょう。

「実行力」と「行動力」の相違点について

「実行力」と「行動力」はとてもよく似た概念です。違いは「行動力の概念の一部として実行力がある」と考えれば理解しやすくなります。行動力も実行力も、ともになんらかのアクションを起こす力に変わりありません。

両者の違いは目的に対する行動に「計画性」が伴うか否かです。行動力とは計画の有無にかかわらず行動を起こすことであり、実行力とは目標に対する計画を設定し、計画を実行するスキルのことです。つまり「計画」という条件設定がなされた状態での行動力が「実行力」であるとも考えられます。実行力とは、行動力のなかでも思考力を特に要する能力です。

実行力に求められる能力について

両者のうち、特に実行力に求められるのは以下の能力です。

計画力

実行力の鍵となるのは「計画性」です。行動に移す前に、どんな行動をどんな順番でする必要があるかの工程設計が、目標を達成するうえで重要です。

実行力が高い人には現在地と目標がどれだけ離れているかを客観的に捉える視力が備わっています。

論理的思考力

「なにを」行動に移すべきかを見つけるためには、抽象→具体への落とし込みが不可欠です。
行動に起こすことはあくまで直面している問題を解決する手法であり、それ自体が目的ではありません。抽象次元でどんな問題があるかを正しく把握できていれば、複数の解決方法を見つけることができます。

対応の柔軟さにもつながり、「プランAが失敗したときのプランB」などリスクヘッジもできるようになります。

行動力に求められる能力について

行動力は「実行力」を含むスキルでもあります。行動を起こすうえで特に重要となるのは以下の4つスキルだと考えられ、これらが行動力と実行力を支える構成要素となっています。

主体性

行動力の源泉となる「目的をみつける力」になります。いまどんな問題に直面しているか、そこにはどんな原因があるかへ積極的にアプローチするスキルです。

挑戦志向

自分の能力を客観的に把握し、それよりも少し高い位置にあるものを見つけるスキルです。常に新鮮な目的をつくり続けるためには、挑戦志向が欠かせません。

知的好奇心

広い視野を持つと行動力は向上します。知的好奇心は「視野」といっても過言ではありません。知的好奇心の広さは、池で釣りをするか海で釣りをするかの違いと考えればイメージがつきやすいでしょう。

優先順位付け

行動を阻害する要素として考えられるのが「なにから手をつければいいかわからない」という迷いです。やることが多すぎて八方塞がりになると、フットワークが重くなってしまいます。まず最初になにをすべきか、後回しにしていいものはなにかを冷静に順位付けできれば、行動リストの渋滞を防ぐことができます。

実行力と行動力の両方に求められるスタンス

実行力は行動力のなかでも計画力や論理的思考力が特に求められる能力です。そのため、行動力に求められるものは自動的に実行力にも求められると考えて差し支えないでしょう。両者に共通して特に重要とされるスタンスを考えると「投げ出さずに最後までやり通す」姿勢だと言えます。

現状と目標の距離を知り、解決しなければならない問題を見つけ、実際にするべきことが決まったら、それらを最後まで絶対にやり抜かねばなりません。行動に移すからこそ経験が生まれ、新たな行動動機が生まれます。別の仕事のモデルケースにもなり、よかったこと・悪かったことを振り返ることで成長の糧にもなります。

実行力・行動力を人事業務で検討するときの注意点

実行力とは、目標を設定して行動する能力のことです。似た概念で「行動力」がありますが、目的に対して起こす行動に計画性があるかどうかが、両者の違いとなっています。

実行力は行動力に含まれる概念です。実行力を身につけるためには行動力が必要です。採用選考や人事采配で活かすには、行動力があるのかの見極めを行い、その上で計画性があるのかを見極めることが大切だと言えるでしょう。

細かく落とし込む場合には「行動力」が必要なのか「実行力」が必要なのかを社内で事前に検討・共有しておきましょう。実行力・行動力を構成するスキルを書き出し、それらを見極めるポイントが具体的にどこなのかを明確にしておくことで、評価が属人的になるのを防ぐことができます。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ