記事カテゴリー

「 スキル 」一覧

プレゼンテーションスキルの向上方法とは?心掛けたい3つのポイント

ビジネスではプレゼンテーションをしなければならないシーンが度々訪れます。相手に意図を伝えるスキルでもあるプレゼン力ですが、実に7割以上のビジネスパーソンがそのスキルに不安を抱えているという調査結果も報告されています。ではどうすれば上手くなるのでしょうか?この記事では、プレゼンテーションスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。

プレゼンテーションスキルを活用するメリットとは?細分化して考えよう

プレゼンテーションスキルは相手にお願いしたことをやってもらうために大切なスキルです。こちらの意見を伝え、理解してもらうことができて、はじめて人は動きます。一方的ではなく、双方的なコミュニケーションスキルと考えることもできるでしょう。この記事では、ビジネスシーンで不可欠なプレゼンテーションスキルとはなにかを解説し、実際にどのように活用していくかを紹介します。

プレゼンテーションスキルとは?活用場面はプレゼンだけではない

プレゼンテーションスキルとは、自ら情報を発信するコミュニケーションスキルの一つです。社内会議や報告会、顧客との商談など、さまざまな場所でプレゼンテーションの機会がありますが、実に7割以上に登るビジネスパーソンがプレゼンテーションスキルに不安を抱えているといわれています。この記事では、プレゼンテーションスキルの概要、どんな技術を身につければプレゼンテーションスキルが向上するかを紹介します。

ペーシングの実践方法とは?真似をするで覚える3方法の具体例について

ペーシングとは、コミュニケーションスキルの1種であり、相手の話し方や状態、呼吸などのペースを合わせるスキルです。ペーシングを実践するためには「ミラーリング」「マッチング」「バックトラッキング」の3つの方法を意識することが大切です。今回はミラーリングを実践する方法を具体例を用いて説明します。

ペーシングとは?ビジネスでも役立つコミュニケーションスキル

ペーシングとは、コミュニケーションスキルの1種であり、相手の話し方や状態、呼吸などのペースを合わせるスキルです。多くの企業が採用要件に設定しているのが「コミュニケーション能力」です。採用難易度が上昇している昨今では、専門性や経験などの敷居を下げた募集が増えていて、それゆえに業界・職種に寄らないスキルの需要が高まっています。コミュニケーションスキルは重要性が自明でありながらも、多くの企業の課題となっているのです。今回は「ペーシング」の概要や実践方法について紹介します。

アクノレッジメントに求められるスキルとは?伝え方を意識しよう

アクノレッジメントとは「承認」のことであり、組織マネジメントを行う上で上司と部下との信頼関係の構築に役立つスキルです。アクノレッジメントはただ承認するだけでは意味がなく、至った経緯や過程についても承認することが大切です。今回はアクノレッジメントに求められるスキルや実践する際のポイントについて説明します。

アクノレッジメントスキルとは?信頼される上司を育成しよう

アクノレッジメントとは「承認」のことであり、組織マネジメントを行う上で上司と部下との信頼関係の構築に役立つスキルです。アクノレッジメントはただ承認するだけでは意味がなく、至った経緯や過程についても承認することが大切です。今回は信頼される上司を育成するために重要なスキルであるアクノレッジメントについて説明します。

アサーションが役立つビジネスシーン例とは?様々なメリットが得られる

アサーションスキルとは、コミュニケーションスキルの一つである「相手に意見を伝える」スキルです。アサーションスキルの高い人材を育成することで、労働生産性の向上だけでなく、モチベーションや従業員エンゲージメント、離職率・定着率の改善にもつながります。今回はアサーションスキルが役立つビジネスシーン例について説明します。

アサーショントレーニングとは?理想の状態を意識して育成しよう

従業員に身につけてもらいたいビジネススキルとして「論理的思考力」と「コミュニケーション能力」があり、この2つは多くの企業でビジネススキル研修の項目として採用されています。この記事では自己主張のスキルでもある「アサーション」を伸ばすにはどのような心構えや日頃のトレーニングが必要かを紹介します。

アサーションの3つのタイプとは?ドラえもんのキャラで理解しよう

アサーションスキルとは、コミュニケーションスキルの一つである「相手に意見を伝える」スキルです。相手に意見を伝えるためには、思ったことを率直に伝えるだけでは足りず、場の雰囲気などに適した主張を行うことが大切です。今回はアサーションの3つのタイプについて理解を深めるために、ドラえもんのキャラクターでの例えを用いながら説明します。