記事カテゴリー

「 傾向 」一覧

寛大化傾向・中心化傾向・厳格化傾向の共通点や違いとは?

公正公平の人事評価制度は、フレキシブルな人材起用の実現には欠かせません。現在のビジネスシーンではサービスや働き方の多様化が発生しており、対応していける会社体制を整えることは中長期的な人材戦略としてマストなものとなっています。しかし、せっかくの人事評価制度も上手く運用できなければ意味がありません。この記事では人事評価制度運用の問題点である寛大化傾向や中心化傾向、厳格化傾向について解説します。

寛大化傾向が起きる原因や対策方法とは?主観評価から脱却しよう

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。寛大化傾向によって人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあり、何故寛大化傾向が起きるのか、対策方法はあるのかを知っておくことが大切です。今回は寛大化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

寛大化傾向とは?人事評価が高すぎることも不公平な評価となる

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。低い評価をつけてしまうことへの負い目や甘さから、評価者全員に対して高い評価を行ってしまうことですが、人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあります。今回は寛大化傾向について説明します。