社会人でも自己分析をするメリットとは?定期的に経験を振り返ろう!

就職活動のためだけではない『自己分析』

自己分析は、就職活動の準備の第一歩と言われています。

キャリタスリサーチの調査によると、就職活動準備において最も行われていることが「自己分析」であり、2月時点で約8割もの就職活動者が実施しています。

就職活動準備で行ったこと
出典元『キャリタスリサーチ』2月1日時点の就職意識調査

自己分析は、就職活動の満足度に直結します。サポーターズの調査によると、就職活動に満足できた人が考える要因として「自己分析を徹底的にした」が最も多く、就職活動に満足できなかった人がやっておけばよかったと思うこととして「自己分析を徹底的にする」が挙げられています。

就活に満足できた人が考える要因
出典元『サポーターズ』就職実態調査2019

就活に満足できなかった人がやっておけばよかったと思うこと
出典元『サポーターズ』就職実態調査2019

自己分析は、就職活動時に実施されることが多いです。しかし、同じ会社で働き続ける上でも、自分の将来目標を見直して進捗を確認する点では、社会人であっても非常に有意義なものです。

自己分析からみつかる 『自分を活かすヒント』

今の環境での仕事を通して、将来像が見えずに悩んでいるのであれば、ぜひ一度自己分析に取り組んでみてください。自分を活かすヒントがたくさん見つかります。

「今のままではいけないと思うが、何を変えれいばいいのかわからない」「もっと違う働き方をしたいが、努力をどこへ向ければいいのかわからない」「恵まれている職場環境だが、自分の満足度が低いのはなぜだろう」現状に対するもやもやした気持ちは人それぞれです。

「このまま行動していけば望む未来が掴める!」と思えない人には、自己分析に取り組むことを強くオススメします。その不満の中には、満足の種が潜んでいるからです。

自己分析は目的ではなく手段である

自己分析に苦手意識を持っている人もいるかもしれませんが、もしかしたら自己分析自体が目的になっていませんか?

自己分析を「自分を知る方法」「就職活動に使うため」ではなく、自分が将来やりたいことなどを明確にするために使ってみてください。企業へアピールするためのツールではなく、あくまでも自分がより良い未来を創るための手段として、自己分析を用いるのです。

理想的でない自分に向き合うのが辛く、自己分析できないという場合もあります。理想を掲げれば掲げるほど落ち込むから目を逸らす。一時的には効果があるかもしれませんが、これからのあなたの時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

今の自分はこれまでの自分の成果であり、これまで生きてきた努力を認めた上で、
より心地よい自分を創るために、これからの自分に目を向けてみましょう。

自己分析から得られるメリット3つ

自己分析には3つのメリットがあります。

  1. 自分のやりたい仕事が明確になる
  2. 将来像から今何をすべきかを考えることができる
  3. なりたい自分を想像して主体的に行動できるようになる

自分のやりたい仕事が明確になる

自分が何が好きなのか、嫌いなのか、どういうことに携わりたいのか。日々の生活に流されると蓋をしがちなこともあります。

自己分析の時間を取ることで、自分と向き合うことができます。本来の自分の価値観を見つけることができたなら、自分がやりたい事が明確になっていきます。

将来像から今何をすべきかを考えることができる

自分が進みたい方向性や、手放すことの出来ない価値観が見えてきたなら、それを実現できる環境が分かるようになってきます。

これまでの経験を振り返り、なぜその選択をしたかが腑に落ちる事もあるでしょう。自分の未来は、どうなりたくて、何のために、何が必要なのか。本当の望みを理解できたなら、後は具体的に行動を考えるだけです。

なりたい自分を想像して主体的に行動できるようになる

何のために何が欲しいか。おぼろげでも見えてきたのなら行動を選ぶ事ができます。

目標を見据えた行動は、目的意識を伴います。主体的に行動出来るようになるのです。結果として「今の環境で出来る事は何か」を考えられるようになります。

たとえ転職しなくても、自分にとっての仕事の意味と働き方が変わることでしょう。

自己分析の注意点~陥りがちな罠~

自己分析は有用です。ですが、将来も含めた自分のことがすべてわかるわけではありません。

一回の自己分析で、揺らぎのない自分を目指す事は危険です。今よりも自分の指針の精度を上げるために、自分と向き合う時間として活用しましょう。理想としては、定期的な自己分析時間を設けることです。

特に忙しくなると現状と向き合うばかりで、「どこへ向かっているか」という視点を置き去りにしてしまいます。定期的に時間を取るか、もしくは、自己分析を行った記録を読み返すだけでも、自分の時間の使い方を修正する効果があるでしょう。

集中した後には振り返ってみましょう!

集中して取り組むと、全力で取り組むあまりに自己分析すること自体が目的となってしまいがちです。自己分析は自分の強みや価値観などを理解する手段であることを忘れないようにしましょう。確認のために時々立ち止まってみることが大切です。

30分おきなど時間を決めて休憩を入れ、目的を確認してから再開する事をお勧めします。

社会人だからこそできる自己分析がある!

就職活動時に自己分析を行い、その記録が残っているのであれば、振り返りの材料として使ってみるのも面白いでしょう。

なりたい自分へのキャリアパスが順調に辿れているか、今は手放してしまっている価値観はないか、変わらずにいる点はあるか。今の仕事の悩みを解決する糸口がつかめるかもしれません。

価値観や優先順位は、自己の成長や結婚などのライフイベントによっても変わります。実際に社会人として働いてから取り組む自己分析は、就活生の時と比べてリアリティが含まれることでしょう。

自己分析をすることで、今の想いが息づき現実味もある、今後のキャリアパスへの道を見つけることができます。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ