就業促進定着手当とは?再就職後に給与が下がったら貰える制度

「再就職手当」「就業促進定着手当」2つ受け取れるかも

転職活動をがんばって、ようやく見つけた就職先は前職よりも給与が安い・・・。そんな事もありますよね。そんな方は、もしかしたら「就業促進定着手当」を受け取れるかもしれません。

「就業促進定着手当」は、現職の給与が前職よりも低い場合に受け取ることができる助成金です。幾つか条件がありますが、そのうちの一つは早期に再就職した人が受け取れる「再就職手当」を受けていること。

言い換えると、もし失業後に早期で再就職先を見つけることができ「再就職手当」を受けているなら、更に「就業促進定着手当」を受けることができます。二つの手当を受け取れるのは、非常にありがたいですね。

もちろん、この手当を受け取るためには申請が必要です。今回は、この制度を知らなかったり、申請を忘れたばかりに逃したくない「就業促進定着手当」について、基本的な内容をご説明します。

就業促進定着手当とは?どんな目的の制度なのか

「就業促進定着手当」は、再就職手当の支給を受けた人が、引き続きその再就職先に6か月以上雇用され、かつ再就職先で6か月の間に支払われた賃金の1日分の額が雇用保険の給付を受ける離職前の賃金の1日分の額(賃金日額)に比べて低下している場合、就業促進定着手当の給付を受けることが出来ます。

簡単に言うと、早期再就職をできた時に受け取れる「再就職手当」を受けた人の給与が前職よりも低く、そこで6ヶ月以上働くと受け取れる手当です。「再就職手当」は、「失業手当」が受け取れる期間の満期の3分の1以上を残して早く転職できた場合に受け取れます。

つまり、早期に仕事が見つかって条件が合えば「再就職手当」「就業促進定着手当」両方を受け取ることができるのです。

受給の条件を確認しよう

次に受け取るための条件を見ていきましょう。下記の項目を全て満たしている方が対象となります。

1. 再就職手当の支給を受けていること

「再就職手当」は「失業保険」受け取り満了よりも3分の1以上早い時期に再就職先が決まった場合に支給される手当です。当然「再就職手当」も規定の期限内の申請が必要ですので、お忘れなく。

2. 再就職の日から、同じ事業主に6か月以上、雇用保険の被保険者として雇用されていること

ここには二つの確認事項が含まれています。一つ目は、再就職先で6ヶ月以上仕事をしていること。もう一つは、その仕事において自身が雇用保険の被保険者になっていることです。

ほとんどの企業は雇用保険に加入していると思いますが、加入していないケースや、なんらかの理由で被保険者資格を失ってしまった期間があると対象外となります。

3. 規定の算出方法による再就職後6か月間の賃金の1日分の額が、離職前の賃金日額を下回ること

「賃金日額」とは前職の退職前6ヶ月の給与(賞与などは含まれない)の合計を180で割った金額です。土日祝日を含めて考えた時の1日あたり貰っていた給与と言って良いでしょう。

比較して、現在の1日分の賃金が低ければ、この条件をクリアします。

気になる受取り金額と時期

それでは具体的に、もらえる金額と期間を見ていきましょう。金額は下記の式で計算されます。また、支給額には上限額があることもお伝えしておきます。

就業促進定着手当の計算方法
出典元『厚生労働省』再就職後の賃金が、離職前の賃金より低い場合には「就業促進定着手当」が受けられます

ざっくり言うと支給額は「1日あたりで減った給与分」に、再就職してから半年間で仕事した日数をかける式です。上限は「失業保険」の残日数でもらえる予定だった金額に40%をかける式です。

申請と受取りの時期についてです。「同じ事業主に6か月以上、被保険者として雇用されている」という条件がありますので、再就職から半年は経っている必要があります。そのため申請期間は「再就職した日から6ヶ月経過した日の翌日から2ヶ月間」と規定されています。申請は代理人の提出や、郵送での申請も問題ありません。

申請書類をハローワークに提出した後、条件を満たしているかどうかの審査を経て、「再就職手当」と同じ口座に「就業促進定着手当」が振り込まれます。この審査には約2週間かかりますが、書類の不備があると遅れる可能性があります。

頑張る人へのご褒美として受け取ろう

勤め先を探すのはやはり真剣になりますし、しっかり時間をかけたほうが自分に合った職場が見つかる可能性が高いでしょう。転職活動費用面でも転職活動の長期化は避けたいところですし、国としても望ましくない事です。

前職よりも給与が低い会社に入ることもありますが、そんな時に受給できる「就業促進定着手当」を知っておき、しっかりと申請しましょう。給与面が下がったとしても頑張って働いている方へのご褒美として国から支給されるものだと捉えてください。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ