「 くるみん認定 」一覧

くるみん、えるぼし、ユースエール認定の目的やメリットの違いとは?

今後より日本の労働人口が減少し続ける中、多様な人材が活躍できる環境づくりは、政府にとっても大きな課題です。厚生労働大臣が認定する代表的な制度としてくるみん認定、えるぼし認定、ユースエール認定があります。それぞれ関連する法案が異なりますが、多様な人材が活躍できる企業を増やすという目的では統一されています。それぞれの認定の目的やメリット、認定基準の違いなどについて説明します。

くるみん認定の申請方法や行動計画策定からの流れ、そのポイントとは?

家庭と仕事の両立を支援する企業に与えられる「くるみん認定」制度。厚生労働省からくるみん認定を受けるには、申請をするなど、いくつかの手続きを踏む必要があります。行動計画策定を策定して実施する、結果を報告するなど、くるみん認定の申請方法や流れ、そのポイントについて説明します。

『くるみん認定』取得の認定基準や認定項目とは?子育て支援企業になろう

次世代育成のため、企業に子育てやライフワークバランスを推進してもらうための「くるみん認定」制度があります。くるみん認定を受けた企業は、社内への影響はもちろん、ブランディングなど外部への影響でも様々な効果が得られます。くるみん認定を受けるには、厚生労働省が定めている認定項目に対して認定基準を満たす必要があります。くるみん認定、プラチナくるみん認定それぞれの認定項目や認定基準について説明します。

くるみん認定の過去の変更内容とは?変遷を知って制度の目的を理解しよう

2007年から開始された、家庭と仕事の両立を支援する企業に与えられる「くるみん認定」制度。既に10年以上が経過した制度ですが、2015年と2017年に大きな変更が加えられています。変更内容と変更された目的から、そもそもくるみん認定制度の目的について、詳しく振り返ります。

くるみんマークやプラチナくるみんマークの意味と活用範囲とは?

くるみんマークやプラチナくるみんマークは、各種広告やPRで活用することで、外部に向けて子育て支援を行っている企業であることをアピールできます。マーク自体も視覚的に心温まるイメージを意識されています。しかし星の数や色など、認定マークには様々な種類があります。くるみんマーク、プラチナくるみんマークが持つ意味と、広告やPRなどの活用できるシーンについて説明します。

次世代育成を支援する「くるみん認定」制度とは?

仕事と子育てを両立させることは、国としても重大な課題です。企業が子育てや次世代の育成に対して支援する制度を促進するために「くるみん認定」制度が2007年からスタートしました。2018年になり、認定企業は約3,000社と徐々にくるみん認定の認知度も向上しています。くるみん制度に加え、認定を受ける難易度が高い「プラチナくるみん認定」制度も2015年から始まりました。くるみん認定制度は、子育てやライフワークバランスをアピールできる制度です。くるみん認定やプラチナくるみん認定制度の概要や認定を受けるメリットなどについて説明します。