「 えるぼし認定 」一覧

くるみん、えるぼし、ユースエール認定の目的やメリットの違いとは?

今後より日本の労働人口が減少し続ける中、多様な人材が活躍できる環境づくりは、政府にとっても大きな課題です。厚生労働大臣が認定する代表的な制度としてくるみん認定、えるぼし認定、ユースエール認定があります。それぞれ関連する法案が異なりますが、多様な人材が活躍できる企業を増やすという目的では統一されています。それぞれの認定の目的やメリット、認定基準の違いなどについて説明します。

えるぼし認定で申請できる助成金や優遇措置とは?申請方法を理解しよう

女性の活躍を推進する企業に与えられる「えるぼし認定」。自社のブランディングに使えるのはもちろんのこと、助成金や融資などの金銭面においてもメリットがあります。えるぼし認定と密接に関係している「両立支援等助成金(女性活躍化コース)」の内容や申請方法、公共調達や低利融資の優遇措置について説明します。

えるぼし認定の申請方法を知って、女性が活躍できる会社を公表しよう!

女性の活躍を推進している企業に与えられる「えるぼし認定」。認定を受けるには、えるぼし認定の認定基準を満たし、申請する必要があります。えるぼし認定は新しい制度で認知度が高くない一方で、国際的に見た日本はジェンダーギャップが激しいことから、いち早くえるぼし認定を受けることが自社のブランディングにも繋がります。えるぼし認定の申請方法や申請の流れ、申請時のポイントについて説明します。

「えるぼし認定」の認定項目と認定基準、認定を受けるポイントとは

女性の活躍を推進する企業に厚生労働省から与えられる「えるぼし認定」。えるぼし認定を受ける場合には、必ず満たすべき認定項目といくつかを満たせば良い認定項目があります。必ず満たすべき認定項目とその認定基準や、いくつかを満たせば良い認定項目と認定基準、満たした認定項目数による認定内容の違いについて説明します。

女性の活躍を推進する「えるぼしマーク」の意味と活用範囲とは?

2016年に施行された「女性活躍推進法」に基づいたえるぼしマーク。マークにはLの文字や星の数、「女性が活躍しています!」などの文言が記載されています。えるぼし認定制度が比較的新しい制度であるため、認知度はまだ高くないのが現状ですが、女性の活躍を推進する企業として社内外にアピールすることができます。えるぼしマークに記載されているL字や星の数の意味、えるぼしマークを活用できるシーンなどについて説明します。

えるぼし認定制度とは?女性が働きやすい職場作りを推進しよう!

2016年4月に施行された女性活躍推進法。企業での取り組みを強化するために「えるぼし認定」制度が誕生しました。労働人口が減少する中、男女関係なく活躍できる社会を作ることは必須です。比較的新しい制度である「えるぼし認定」は認知度はまだ高くないものの、社内外に向けて女性の活躍推進を支援していることをアピールできる制度です。えるぼし認定制度の概要や目的、認定を受けるメリットについて説明します。