OJTトレーナーに向く人とは?トレーナーの人選がOJTの質を決める!

OJTの効果や効率を高める方法とは?

OJTとは、企業が従業員の能力開発のために行う教育研修の手法の一つです。OJTは、英語の「On the Job Training」の略称で、実務を通して学ぶ訓練のことを意味します。

厚生労働省の調査によると、正社員に対する教育訓練で「OJTを重視する」「OJTを重視するに近い」と回答した企業は70%を超えおり、従業員の育成に対する企業の意欲の高さが伺えます。

重視する教育訓練(正社員)
出典元『厚生労働省』平成29年度能力開発基本調査

リクルートワークスが東証一部上場企業に対して行った調査によると、人材が独り立ちするためには、OJTが上手く機能している企業では4.2年、OJTを実施してはいるが上手く機能していない企業では4.6年かかるという結果が出ています。

OJTと独り立ちするまでに必要な期間
出典元『リクルートワークス研究所』人材流動性とOn the Job Trainingに関する探索的研究

OJTを効果的に機能させるためには、教育を行う側であるトレーナーと、教育を受ける側であるトレーニーが、OJTの効果を実感できることが大切です。効果が感じられない教育研修は、行う側にも受ける側にも大きなストレスを与えます。

効果が実感できるOJTを行うためには、内容が充実していることはもちろんですが、教育研修を行うトレーナーの能力や人柄が重要な要素になります。OJTの内容については「OJTによる教育研修の実施方法とは?PDCAのサイクルを意識しよう!」の記事で詳しく説明していますので、あわせてご覧ください。

OJTを実施する際には、人事部や経営層だけでなく、実際に教育を行う各部門がOJTの意味や目的を正しく知っておくことが大切です。OJTによる教育研修は、PDCAのサイクルを意識して教育の目的をハッキリさせることで、効果や効率を向上させることができます。今回はOJTの基本となる4段階職業指導法やPDCAのサイクルにもとづいて、OJTによる教育研修の実施方法をご紹介します。

今回の記事では、OJTのトレーナーに向いている人の特徴を、なぜ向いているのかという理由も含めてご紹介します。

OJTのトレーナーに向いている人材とは?

OJTを効果的に行うためには、トレーナーの人選が重要になります。

OJTのトレーナーに求められる要素についての資料として、北海道大学の松尾睦教授がまとめた「育て上手のマネジャーの指導方法」というレポートがあります。今回はこちらのレポートに書かれた内容をもとに、OJTのトレーナーに向いている人材の特徴を探っていきます。

参考『国立国会図書館』育て上手のマネジャーの指導方法――若手社員の問題行動とOJT

OJTのトレーナーに向いている人材の特徴とは

OJTのトレーナーに求められる要素について、北海道大学の松尾睦教授がまとめた「育て上手のマネージャーの指導方法」のレポートによると、優れたマネージャーには以下の3つの特性が共通して見られたとされています。

  1. トレーニーの成長可能性を信じる。
  2. 共に考えることで、トレーニーの内省を促す。
  3. 仕事の進め方・考え方に着目し、改善することで成果を引き出す。

優れたマネージャーに共通する3つの特性は、コーチングの理論でも提唱されており、以下のようにトレーニーの思考の質を高めることにつながるとされています。

  1. トレーニーの成長可能性を信じる
    →励ましが上手である。
  2. 共に考えることで、トレーニーの内省を促す
    →ヒントや問いかけを与え、自分の頭で考えさせられる
  3. 仕事の進め方・考え方に着目し、改善することで成果を引き出す
    →良い面を評価しつつ、改善のための具体的な指導を行える

3つの特性の中で特に重要度が高いものが、1つ目の特徴であるトレーニーの成長可能性を信じる「成長期待」だと言われています。トレーニーの成長可能性を信じるトレーナーだからこそ、2つ目の特徴であるトレーニーとの共同的内省ができ、3つ目の特徴である仕事や考え方の改善に繋げることができるからです。

誰しも「自分は期待されていない」と感じれば、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。もちろん評価されるために一層の努力を重ねる「根性がある」タイプの人もいますが、労働人口の減少にともなって定着率や離職率の改善が求められている現代日本において、人材をふるいにかけるような育成方法はあまりおススメできません。

実際に人を育てる上で、成長期待がどれほど重要かということは、ピグマリオン効果と呼ばれる学校教育研究において実証されています。教師が生徒の成長を期待すると、生徒にそれが伝わり、成績が高くなるというものです。その後の研究で、会社における上司と部下の関係でも類似の効果が見られたことで、研究に裏付けされた理論なのです。

OJTでの教育研修において「人の能力の高さは生まれつき決まっている」と考える固定理論派のトレーナーよりも「人の能力は高めることができる」と考えているトレーナーの方が、トレーニーの潜在的な能力を伸ばすことに適しています。

OJTトレーナーの人選にあたっては、トレーナーの能力以上に価値観や考え方を考慮すべきと言えるでしょう。

OJTトレーナーの人選は教育研修の質に直結する!

OJTを効果的に行うためには、教育研修を行う担当者となるトレーナーの人選が非常に重要になります。

OJTのトレーナーに求められる要素はいくつかありますが、最も重要な要素は「トレーニーの成長を信じることができる」価値観や考え方を持っていることです。成長を期待されることでトレーニーのモチベーションが向上し、OJTの効果や効率を高めることができます。

教育研修の質と効率を高め、新入社員の早期戦力化や社員全体のレベルアップを図るためには、人事部や経営層がOJTトレーナーに向いている人材の見極めをしっかりと行い、トレーナーへの協力体制を整えることが大切です。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ