記事カテゴリー

「 ハロー効果 」一覧

ネガティブハロー効果とは?第一印象が悪くても人柄とは関係ない

ネガティブハロー効果とは、印象の悪い特徴に引っ張られて全体の評価を低くしてしまうバイアスです。転職回数が多い、スーツが安っぽいなどで悪印象を受けた求職者に対して、仕事ができなさそうなどと決めつけることがネガティブハロー効果です。採用選考の精度を上げるためには、ネガティブハロー効果を理解して脱却することが大切です。今回はネガティブハロー効果について説明します。

ポジティブハロー効果とは?良い印象だけで全体を評価してしまうバイアス

ポジティブハロー効果とは、ハロー効果の一種であり、ある一部分で良いと思った印象にとらわれて全体を良い印象として判断してしまうバイアスです。本来関係のない特徴にまで良いと判断してしまうことで、人材採用や人事評価において深刻な問題を発生するミスを生じさせてしまう可能性があります。今回はポジティブハロー効果について説明します。

採用面接時に発生するハロー効果の具体例と対策方法とは?

ハロー効果とは、ある対象を評価する際に対象者が持っているわかりやすい特徴に注目してしまい、その他についての評価にバイアスがかかり歪んでしまう現象のことです。採用を効率化するためには、ハロー効果の影響を受ける主観的評価から脱却し、客観的に評価していくことが求められます。今回は採用面接時に発生するハロー効果の具体例や対策方法について説明します。

ハロー効果が発生する原因や対策方法とは?意識的に脱却しよう

ハロー効果とは後光効果とも呼ばれ、目立つ特徴に注目しすぎてしまい、他の特徴に対しても事実でない印象を受けてしまうバイアスのことです。ハロー効果が発生してしまう原因としては、古来から染み付いた人間の判断方法が関係していると考えられており、意識しなければハロー効果から脱却することは難しいです。今回はハロー効果が発生する原因や対策方法について説明します。

ハロー効果とは?採用面接や人事評価に客観性がなくなるバイアス

ハロー効果とは後光効果とも呼ばれ、目立つ特徴に注目しすぎてしまい、他の特徴に対しても事実でない印象を受けてしまうバイアスのことです。高学歴だから仕事ができる、明るいから営業に向いているなどは代表的なハロー効果です。今回は採用面接や人事評価で重大な問題を引き起こす可能性があるハロー効果について説明します。