記事カテゴリー

「 面接官 」一覧

根本的な帰属の誤りの具体例や対策方法とは?相手のことを思いやる

根本的な帰属の誤りとは、自分の身に起こったことは状況のせいにするのに、他の人のところで起こった場合には、その人の性格の問題だと認識してしまう現象です。他人に対して正当・公平な評価ができなくなる可能性があるバイアスであるため、人材採用・人事評価時には注意が必要です。今回は根本的な帰属の誤りの具体例や対策方法について説明します。

根本的な帰属の誤りとは?他人を正当・公平に評価できなくなるバイアス

根本的な帰属の誤りとは、自分の身に起こったことは状況のせいにするのに、他の人のところで起こった場合には、その人の性格の問題だと認識してしまう現象です。他人に対して正当・公平な評価ができなくなる可能性があるバイアスであるため、人材採用・人事評価時には注意が必要です。今回は根本的な帰属の誤りについて説明します。

フレーミング効果を採用活動へ活用する方法とは?自社イメージの向上に

フレーミング効果とは、実質的には同じ意味を表す選択肢であっても表現方法などが異なるだけで、受け手が全く異なる選択をしてしまう現象のことです。例えば「離職率10%の企業」というより「社員定着率は90%の企業」とPRする方が、多くの人に「人材を大切にする企業なのだな」という印象を持ってもらいやすくなります。今回はフレーミング効果を採用活動へ応用する方法について説明します。

フレーミング効果とは?伝え方や表現方法を変えるだけで印象が変わる!

フレーミング効果とは、実質的には同じ意味を表す選択肢であっても表現方法などが異なるだけで、受け手が全く異なる選択をしてしまう現象のことです。支払うお金を「損失」から「費用」「投資」と言い換えるだけで印象が劇的に変わり、マーケティングや営業の世界でも用いられている心理効果です。今回はフレーミング効果について説明します。

人事業務における現在志向バイアスの影響とは?立ち止まって考える

現在志向バイアスは目の前にある事柄を過大に評価してしまう心理傾向です。現在志向バイアスに陥ると、目先の利益を優先したり問題の解決を先送りにしてしまうといったデメリットがあります。今回は現在志向バイアスが人事業務に与える影響や対策方法について説明します。

自己奉仕バイアスが生じる原因や対策方法とは?客観的な判断をするために

自己奉仕バイアスとは、何かに成功したときは自分自身の能力によるものと考え、逆に失敗したときは「自分ではどうしようもない外的な要因によるもの」と思いこむ考え方のことです。自己奉仕バイアスが生じる原因や対策方法を知り、適切な対応を取ることが必要です。今回は自己奉仕バイアスが生じる原因や対策方法について説明します。

自己奉仕バイアスとは?自己保身・自己評価につながるバイアスについて

自己奉仕バイアスとは、何かに成功したときは自分自身の能力によるものと考え、逆に失敗したときは「自分ではどうしようもない外的な要因によるもの」と思いこむ考え方のことです。自己保身が原因で生じますが、自己評価の高さにもつながるため、有効活用できる場合もあります。今回は自己奉仕バイアスについて説明します。

男女の性別におけるステレオタイプとは?女性活躍推進を阻害する要因になる

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。「理数系は女性よりも男性のほうが得意だ」は典型的な性別によるステレオタイプですが、女性もステレオタイプに陥ることで「女性は理数系が苦手だ」と認識してしまうことで、パフォーマンスが低下する実験結果もあるため、ステレオタイプから脱却することも大切です。今回は男女の性別におけるステレオタイプについて説明します。

ステレオタイプの日本的な特徴とは?周囲に影響を受けやすいことを理解する

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日本は地震大国と言われるように自然災害が多く、身を守ったり被災者を助け合う文化から、周囲の環境に影響されやすくなっていると考えられています。今回はステレオタイプの日本的な特徴について説明します。