記事カテゴリー

「 面接官 」一覧

正常性バイアスが発生する具体例や対策方法とは?危機管理意識を高めるために

正常性バイアスとは、人が危機や何かの異状に直面した際に現実を素直に受け止めることができず、物事を過小評価もしくは楽観視をして「まだ大丈夫」と思い込もうとする傾向のことです。「これぐらいなら大丈夫」だと思いこんでしまうことで長時間労働や偽装工作などが発生し、深刻な問題に発展してしまう可能性もあるバイアスです。今回は正常性バイアスが発生する具体例や対策方法について説明します。

正常性バイアスとは?危機管理としてもバイアスを認知することが大切

正常性バイアスとは、人が危機や何かの異状に直面した際に現実を素直に受け止めることができず、物事を過小評価もしくは楽観視をして「まだ大丈夫」と思い込もうとする傾向のことです。本来は、人が物事に過剰に動じることなく日常を問題なく過ごすために必要なレベルの平静を保つための心の働きで、人間に必要な心の働きです。しかし非常時には正常性バイアスが災いし、問題を放置してしまうことで更に深刻化させてしまう原因にも繋がります。今回は正常性バイアスについて説明します。

情報バイアスが会社や人事業務に与える悪影響や対策方法とは?

情報バイアスは、あきらかに不要な情報も必要だと思い込ん)集めてしまうバイアスです。情報過多に陥ることで効率の良い判断ができなくなる可能性があります。人事評価制度の評価項目や評価基準が定まっていない場合、不必要な情報も収集することで人事業務の効率が低下するだけでなく、誤った判断を引き起こして不平不満の原因となる可能性もあります。今回は情報バイアスが会社や人事業務に与える影響や対策方法について説明します。

情報バイアスとは?情報を集めすぎることで正しい判断ができなくなる

情報バイアスは、あきらかに不要な情報も必要だと思い込ん)集めてしまうバイアスです。情報過多に陥ることで効率の良い判断ができなくなる可能性があります。現代のビジネスにおいて情報収集は非常に大切ですが、業務中に平均1.6時間もの情報収集を行っているという調査結果もあり、効率的に情報収集することが求められています。今回は情報バイアスについて説明します。

外部誘因バイアスが企業や人事業務にもたらす悪影響や対策方法とは?

外部誘因バイアスは自分の動機は不純ではなく、他人の動機は不純だと判断してしまうことです。外部誘因バイアスの影響で、優秀な人材を妬んだり社員同士の足の引っ張り合いが起こり、社内の人間関係や個人の上昇志向を阻む心理的な要因となってしまう可能性があります。今回は外部要因バイアスが発生する原因や対策方法について説明します。

外部誘因バイアスとは?自分に甘く他人に厳しいことを認識する

外部誘因バイアスは自分の動機は不純ではなく、他人の動機は不純だと判断してしまうことです。人間は根本的に「自分に甘く他人に厳しい」生き物であるため、他者への評価にバイアスがかかっていないか認識することが大切です。今回は外部誘因バイアスについて説明します。

確証バイアスが企業に与える悪影響とは?自分の先入観を認識しよう

確証バイアスとは「自分の有利に物事を進めるために、その時々で都合の良い情報ばかりを集める作用」のことです。採用選考でも、一つのことをやり遂げた求職者に対して「根気強い人」か「柔軟性のない人」と評価するかは、確証バイアスによる影響もあります。今回は確証バイアスが与える影響や対策方法について説明します。

確証バイアスとは?先入観や第一印象に注意しなければならない理由

確証バイアスとは「自分の有利に物事を進めるために、その時々で都合の良い情報ばかりを集める作用」のことです。採用選考や人事評価の場面でも、先入観や第一印象を裏付けるような質問やデータばかりを集め、先入観や第一印象を否定するデータは収集しなくなることで、不公平・客観的でない評価をしてしまう影響があります。今回は確証バイアスとはどのような心理効果について説明します。

メラビアンの法則を活用したコミュニケーション改善方法とは?

メラビアンの法則とは、コミュニケーションにおいて相手に与える情報が言語7%、聴覚38%、視覚55%であると説明した法則です。人がコミュニケーションを取るときには、その話の内容だけでなく、表情やしぐさ、声のトーンや大きさなどからも情報を無意識のうちに得ているものです。今回はメラビアンの法則の特徴とコミュニケーションへの活かし方を考察します。

メラビアンの法則の活用方法や注意点とは?発言と行動を一致させよう

メラビアンの法則とは、コミュニケーションにおいて相手に与える情報が言語7%、聴覚38%、視覚55%であると説明した法則です。発言している内容以上に、身振り手振りや声のトーンによる影響が大きいため、相手に伝わるコミュニケーションを行うのであれば、発言と行動を一致させることが大切です。今回はメラビアンの法則を活用する方法や注意点について説明します。