記事カテゴリー

「 面接官 」一覧

ハロー効果とは?採用面接や人事評価に客観性がなくなるバイアス

ハロー効果とは後光効果とも呼ばれ、目立つ特徴に注目しすぎてしまい、他の特徴に対しても事実でない印象を受けてしまうバイアスのことです。高学歴だから仕事ができる、明るいから営業に向いているなどは代表的なハロー効果です。今回は採用面接や人事評価で重大な問題を引き起こす可能性があるハロー効果について説明します。

面接回数が多いメリット・デメリットとは?選考・内定辞退防止のポイント

面接の回数が多いと日程調整などの労力は増えますが、応募者との相互理解を深められ、早期活躍を期待しやすいという面もあります。本記事では、面接の回数が多いメリット・デメリットと選考期間が長引くことによる選考・内定辞退を防止するポイントを解説します。

面接回数が少ないメリット・デメリットとは?回数を減らす方法について

多くの企業で、面接は2回以上実施されています。現在は、面接回数が減少傾向にあります。面接回数を減らすことで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?本記事では、面接の回数が少ないメリット・デメリットと、面接の回数を減らす方法について紹介します。

面接の平均回数とは?面接で見極めるべき項目や目的、設計方法について

面接は99%の企業で用いられる採用選考プロセスの一つです。面接回数が1回のみの企業は少数であり、多くの企業が2回以上の面接を実施している一方で、面接回数が減少傾向にあります。今回は、平均的な面接回数や、面接回数ごとに見極める項目や目的の具体例について説明します。

仕事をすぐ辞める人の見分け方とは?採用要件や評価基準を明確にしよう

リーマンショック以降、採用難の時代が続いています。求人市場の企業間競争が年々激しくなっていくなか、新規人材の獲得と同時に離職率を下げることも大切です。会社にとって大きな損害にもなる早期離職を減らすためには、採用の段階ですぐ辞める人を見極めることが重要です。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を紹介し、見分け方のポイントについて考察します。

新卒・中途採用共通の面接の質問集とは?必須項目を押さえよう

採用面接実施後、面接官によって評価にばらつきがあり、合否決定にパワーがかかったり、組織へのマッチ度が低い人材が入社するなどの課題を抱える人事担当者は少なくありません。本記事では、新卒・中途に関わらず採用面接全般で共通した、面接官のための質問集を紹介します。

中途採用の面接質問集とは?転職者の本質を見抜く質問例と意図について

中途採用における面接でも、面接を実施したあと、面接官によって評価にばらつきがあり、組織へのマッチ度が低い人材が入社してしまうなどの課題を抱える人事担当者は少なくありません。本記事では、転職者やブランクがある人の本質を見抜くのに役立つ、中途採用ならではの質問集を紹介します。