記事カテゴリー

「 面接官 」一覧

ステレオタイプが人事業務に与える影響とは?まずは認知することが大切

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日常生活では危険を回避したり脳への負担を軽減するためにステレオタイプは必要ですが、人材採用や人事評価においてはステレオタイプの影響を認識し、振り回されないように注意することが大切です。今回はステレオタイプが人事業務に与える影響や具体例について説明します。

ステレオタイプとは?日常生活では必要だが、人事業務では要注意!

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日常生活では危険を回避したり脳への負担を軽減するためにステレオタイプは必要ですが、人材採用や人事評価においてはステレオタイプの影響を認識し、振り回されないように注意することが大切です。今回はステレオタイプについて説明します。

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)の具体例とは?

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは、自分の意見や考え、行動が常に多数派でありかつ正常であると思い込む、認知バイアスです。自分の言動を受け取る側の考え方などを無視してしまうバイアスであるため、自分の思いを一方的に伝えるだけでなく相手にも同じ考え方を強要してしまうことは、人間関係の悪化に繋がります。今回はフォールスコンセンサスの具体例について説明します。

フリートーク面接とは?採用活動に失敗する場合は構造化面接で精度向上を

フリートーク面接とは、雑談面接とも呼ばれる面接手法です。フリートークや雑談を中心とした採用面接で、候補者の真のコミュニケーションや素の姿を見抜きます。しかし最近は、フリートーク面接では自社が本当に欲しい人材を獲得できないと指摘する声も上がっています。今回は、フリートーク(雑談)面接で人材が見極められない原因や問題点、解決方法や対処策について説明します。

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは?自分が正しいと思う理由

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは、自分の意見や考え、行動が常に多数派でありかつ正常であると思い込む、認知バイアスです。自分の意見が正しく、周囲の人が合意してくれると勝手に思い込むことから偽の合意効果と呼ばれています。今回はフォールス・コンセンサスの概要について説明します。

中小企業で雑談面接を導入するメリット・デメリット・注意点について

雑談面接とは、雑談形式による面接手法で、候補者の本音や真のコミュニケーション能力を見抜くのに役立つというメリットがあります。しかし人事担当者や採用担当者のリソースが限られる中小企業において、雑談面接を導入するには注意も必要です。今回は、雑談面接を中小企業が導入するメリット、デメリットを生まないための対策や注意すべきことについて説明します。

雑談面接とは?候補者のコミュニケーション能力を見抜く手法として有効なのか

雑談面接とは、雑談形式による面接のことです。候補者が想定していない質問を投げかけて、それに対する回答や話し方などから候補者の「真のコミュニケーション能力」を見抜くのに役立ちます。しかし、単なるおしゃべりに終始しないよう注意も必要です。今回は、雑談面接の意味や定義、おおまかな流れ、企業側と候補者側それぞれのメリット・デメリットと、雑談面接におけるポイントについて説明します。

集団面接と個人面接の役割や目的の違いとは?うまく使い分けよう

採用のプロセスを大幅に見直して採用活動の質向上を図るためには、集団面接と個人面接の役割を比較して明確にすみ分けを行うことも大切です。今回は、面接の目的、見極めるべき項目、企業側・候補者側それぞれのメリット・デメリット、そして面接実施にあたり必要となる準備について、集団面接と個人面接を比較する形で説明します。

集団面接の準備と全体の流れとは?人材を見極めるポイントについて

集団面接とは、選考の初期段階で行うグループ面接のことで、採用効率の向上を図ることができる面接手法です。集団面接では、自社の採用要件を最低限満たしているかを複数の面接官でぶれずに判定できるよう、集団面接の準備、全体の流れを事前に確認・準備しておくことが大切です。今回は集団面接の準備と全体の流れについて説明します。

集団面接とは?面接官が知っておくべきメリット・デメリットについて

集団面接とは、選考の初期段階で行うグループ面接のことです。短時間で複数の候補者を選考できる効率のよい手法ですが、目的や運用方法が形骸化してしまうと、自社に合う人材を見落としてしまうリスクもあります。今回は集団面接の意味や定義とメリットとデメリットについて説明します。