「 長時間労働 」一覧

【時間外労働上限設定コース】テレワークコースとは?

時間外労働等改善助成金のテレワークコースとは、テレワーク導入のための設備投資などの費用の一部負担される助成金です。企業全体の2割弱しか導入していないテレワーク制度ですが、導入企業の8割が効果があったと実感しており、マイナスだと考えているのは1.5%のみと、多くの企業で効果が得られる有用な施策であると言えます。テレワークコースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

【時間外労働等改善助成金】職場意識改善コースとは?

時間外労働等改善助成金の職場意識改善コースとは、有給取得日数などを増加させたり、所定労働時間を短縮させた場合に受給できる助成金です。日本の有給消化率は世界最低水準であり、取得しない理由として「人手不足」や「職場の同僚が休んでいない」などの職場環境に依存する理由が上位に挙げられています。職場意識改善コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

【時間外労働等改善助成金】勤務間インターバル導入コースとは

時間外労働等改善助成金の勤務間インターバル導入コースとは、退勤から出勤までの生活時間・休息時間を一定時間確保した際に受給できる助成金です。勤務間インターバルを就業規則に新設することはもちろんのこと、既に記載していたとしても、対象が半数以下の労働者である・インターバルが9時間未満であるなどの場合には助成金の対象となります。勤務間インターバル導入コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

【時間外労働等改善助成金】時間外労働上限設定コースとは

時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コースとは、その名の通り、残業時間に上限を設けて目標となる残業時間数を達成した場合に受給できる助成金です。労働者の月間平均残業時間は47時間であり、36協定の45時間を超える水準となっており、国としても長時間労働の是正に注力しています。残業を減らすために、労働能率を増進させる設備投資はもちろん、外部専門家によるコンサルティング費用なども負担されます。時間外労働上限設定コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

時間外労働等改善助成金とはどんな助成金?【2018年新設】

時間外労働等改善助成金とは、その名の通り、長時間労働の原因につながる時間外労働の改善に関する助成金です。長時間労働の縮減に取り組む、退勤から出勤までの時間のインターバルを確保するなどの制度導入にかかった費用が一部負担される助成金です。時間外労働等改善助成金の概要と各コースの紹介、どのような取組をしたら助成金が受給できるのかについて説明します。