記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

ハロー効果とは?採用面接や人事評価に客観性がなくなるバイアス

ハロー効果とは後光効果とも呼ばれ、目立つ特徴に注目しすぎてしまい、他の特徴に対しても事実でない印象を受けてしまうバイアスのことです。高学歴だから仕事ができる、明るいから営業に向いているなどは代表的なハロー効果です。今回は採用面接や人事評価で重大な問題を引き起こす可能性があるハロー効果について説明します。

HSPの適職とは?人材の特徴を最大限に活用した仕事や業務内容について

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人のことを指します。HSPには人のことを思いやる共感性の高さや、コツコツ取り組めるなど、人材の特徴を生かした活躍できる仕事や業務内容があります。今回はHSPの特徴を活かせる適職について説明します。

ダニング=クルーガー効果が発生する原因や対策方法、活用方法とは?

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自己評価が高く、能力の高い人ほど自己評価が低くなるバイアスです。能力の低い人は根拠のない自信を持つため、人事部や経営者が有効活用することで、人材を行動につなげやすくすることもできます。ダニング=クルーガー効果が発生する原因や対策方法、活用方法について説明します。

HSPに向いている仕事や業務内容とは?適職を理解し適材適所を実現する

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人のことを指します。HSPは対人関係の多い接客業や営業職などでは強いストレスを感じてしまいますが、デザイナーなどのクリエイティブ職や教師やインストラクターなどでは高い能力を発揮するなど、組織として適した業務を割り振ることが大切です。今回はHSP人材に向いている仕事や業務内容、苦手な業務内容について説明します。

ダニング=クルーガー効果とは?自信や自己評価に関わるバイアス

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自己評価が高く、能力の高い人ほど自己評価が低くなるバイアスです。ダニング=クルーガー効果によって、能力の低い人は根拠のない自信を持つため、人事部や経営者が有効活用することで、人材を効果的に動かすこともできます。今回はダニング=クルーガー効果について説明します。

HSP(Highly Sensitive Person)の特徴とは?適材適所を実現するために

HSP(Highly Sensitive Person)とは、人一倍繊細で、人の気持ちや光・音・香りなどの外的な刺激に敏感な人たちを表す概念です。外部の刺激に敏感なため、なれない人間関係に疲弊する、自己肯定感が低いなどの悪い面が注目されがちですが、深く考えるなどの良い面も多く存在します。今回はHSPである従業員を正しく理解して適材適所を実現するために、HSP人材の特徴について説明します。

バイアスが組織にもたらす悪影響とは?問題と原因を知り、対策しよう

バイアスとは先入観・偏見を意味する言葉です。普段の生活だけでなく、ビジネスシーンでも多くのバイアスが存在します。バイアスを認識しなければ、企業にとって多くの悪影響や問題・課題を引き起こす可能性があります。今回はバイアスによって企業に引き起こす問題や原因について説明します。

HSPとは?人口の2割程度存在する繊細な人材を正しく理解しよう

HSP(Highly Sensitive Person)とは、高度な感覚処理感受性を持つ人材のことで、外からの刺激に対して敏感に反応してしまう人材のことです。HSPは全人口に対して15%~20%いると言われており、HSPである人材が身近にいる可能性が高いです。今回はHSP人材の特徴や、適材適所を実現する上で企業がHSP人材をどのように活用すればよいのかについて説明します。

バイアスとは?人事業務とは切り離せない存在を明確に認識しよう

バイアスとは先入観・偏見を意味する言葉です。採用面接や人事評価などの人事業務とバイアスは深く関係しています。バイアスがあることで、客観的に正しい評価ができず、採用すべき人を見極められなかったり、従業員の不満を生む原因となります。今回はバイアスとはなにか、バイアスが何故発生するのかについて説明します。

逆境指数(AQ)を決定する要素と5つのレベルとは?AQを見極める

逆境指数(AQ)とは「日常のさまざまな逆境に対して、人や組織はどのように反応するのか」を指数化した指標です。AQは現代のリーダーには必要不可欠な要素として考えられており、高いレベルになるほど成功しやすくなると言われています。今回は逆境指数(AQ)を決定する要素と5つのレベルについて説明します。