記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 心理学 」一覧

    性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

    採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

    性格検査を採用の現場で活かす方法とは?適性検査の種類を知る

    適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。

    私仕混同・私仕分離とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、私仕混同・私仕分離という項目があります。私仕混同は、仕事仲間とプライベートを共有しても構わない人です。私仕分離は、仕事仲間とプライベートを共有したくない人です。私仕混同の人は社員とのコミュニケーションを大切にし、私仕分離の人は業務に関係のあることだけに集中することを大切にします。私仕混同・私仕分離が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに私仕混同・私仕分離を活用する方法について説明します。

    給与重視・仕事内容重視とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、給与重視・仕事内容重視という項目があります。給与重視は、納得する給与をもらえるのであれば自分の興味のない業務も引き受けられる人です。仕事内容重視は、仕事にやりがいを感じながら働きたい人です。給与重視の人は実力相応のキャリアアップが可能なポジションが適しており、仕事内容重視の人は自分の興味やスキルが仕事に活かせるポジションが向いています。給与重視・仕事内容重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに給与重視・仕事内容重視を活用する方法について説明します。

    仕事重視・プライベート重視とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、仕事重視・プライベート重視という項目があります。仕事重視は、仕事を充実させる事ことそが人生が豊かになると考えている人です。プライベート重視は、プライベートを充実させてこそ仕事の質が高まると考えている人です。仕事重視の人は高い責任と忠誠心が求められるポジションが適しており、プライベート重視の人はプレッシャーのあまり高くないポジションが向いています。仕事重視・プライベート重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに仕事重視・プライベート重視を活用する方法について説明します。

    着実志向・挑戦志向とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、着実志向・挑戦志向という項目があります。着実志向は、大きなリスクを避けてキャリアをしっかり積み重ねたい人です。挑戦志向は、ハイリスク・ハイリターンを好み、挑戦を求める人です。着実志向の人は規律性と秩序あるポジションが適しており、挑戦志向の人は新規事業や責任を問われるポジションが向いています。着実志向・挑戦志向が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに着実志向・挑戦志向を活用する方法について説明します。

    専門追求型・組織貢献型とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、専門追求型・組織貢献型という項目があります。専門追求型は、一つの分野のエキスパートとして組織に貢献したい人です。組織貢献型は、幅広い知識で組織に貢献したい人です。専門追求型の人は裁量権や責任が大きく、独立して働けるポジションが適しており、組織貢献型の人はエキスパートと会話しながら円滑にコミュニケーションを行うポジションが向いています。専門追求型・組織貢献型が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに専門追求型・組織貢献型を活用する方法について説明します。

    過程重視・結果重視とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、過程重視・結果重視という項目があります。過程重視は、結果だけでなく、至るまでの自分の働きや考え方を評価してほしい人です。結果重視は、プロセスという曖昧なものを避けて最終的な結果のみで評価してほしい人です。過程重視の人は間接的に協力しながら業務を進められるポジションが適しており、結果重視の人は自分の能力が直接成果として見やすいポジションが向いています。過程重視・結果重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに過程重視・結果重視を活用する方法について説明します。

    理念重視・ビジネス重視とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、理念重視・ビジネス重視という項目があります。理念重視は、個人の富や資産よりも社会や周囲の人へ幸福を与えることを大切にする人です。ビジネス重視は、社会や周囲の人への幸福よりもまずは自分の幸福を大切にする人です。理念重視の人は自分の労働対価が直接顧客に届いているポジションが適しており、ビジネス重視の人は収益をいかに伸ばすかを考えるポジションが向いています。理念重視・ビジネス重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに理念重視・ビジネス重視を活用する方法について説明します。

    自己評価・他己評価とは?mitsucari適性検査を人事業務に活かす方法

    mitsucari適性検査には、自己評価・他己評価という項目があります。自己評価は、自分の中で正しいと思うことを大切にする人です。他己評価は、周囲から認められたり、信頼・尊敬を得ることを大切にする人です。自己評価の人は自分なりに定めた目標に向かうことがモチベーションとなりますが、他己評価の人は他者のニーズに直接答えることがモチベーションとなります。自己評価・他己評価が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに自己評価・他己評価を活用する方法について説明します。