記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

社会的望ましさの尺度とは?要素を分解し、採用面接で活用しよう

社会的望ましさとは、「一般的に正しいと思われるような振る舞いをする」行動バイアスのことです。採用面接において、求職者の受け答えがどれだけ真実であるかを見極めることは大切です。自分を良く見せようとして「話を盛る」ことは少なくないですが、より重要なのは「話を盛っているから悪い」わけではないことです。この記事では様々にある「社会的望ましさ尺度」についての紹介を行います。

社会的望ましさとは?求職者の盛った話・嘘は成長につながる

社会的望ましさとは、「一般的に正しいと思われるような振る舞いをする」行動バイアスのことです。採用選考では、求職者が盛った話・ウソをつくことは珍しくない一方で、多くの人事担当者が真偽を見抜いています。ウソをつくから悪いと決めつけるのではなく、社会一般的に望ましいように振る舞おうとしている観点から求職者を見極めることで、入社後の成長や配属に活かすことができます。今回は社会的望ましさとは何か、人事業務にどのような影響を与えるのかについて説明します。

キャリアアンカーの診断方法とは?企業での診断結果の活用例について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーの診断方法や活用例を知っておくことで、社員のモチベーション向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、社員のキャリアアンカーの診断方法や活用方法の例をご紹介します。

キャリアアンカーの8つの種類とは?それぞれの特徴や適職について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーには8つのタイプがあり、それぞれの特徴を知ることで、労働生産性の向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、8つのキャリアアンカーにはそれぞれどのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。

キャリアアンカーの意味とは?企業で活用するメリットについて

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーを採用や配置などの人事業務で活用すれば、会社と社員のミスマッチを防ぎ、社員のやる気やモチベーションの向上につながります。今回はキャリアアンカーの意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどについてご紹介します。

ストレス耐性検査とは?意味や定義、どんな要素を分析しているのか

ストレス耐性検査とは、適性検査の一種で、ストレス耐性の強さを見極める検査です。精神障害の労災請求が年々増加しており、多くの企業が入社前にストレス耐性を見極めようとしています。今回はストレス耐性検査で見極められる6つの要素と、見極めるべき要素について説明します。

ビッグファイブの神経症傾向とは?意味や特徴、向いた業務について

ビッグファイブの神経症傾向とは、ネガティブなことへの感情の反応を示すもので、ストレス耐性にも大きな影響を与えています。神経症傾向が低い人材=ストレス耐性が強い人材=優秀な人材と考えられがちですが、得手不得手があることを理解することが大切です。今回は神経症傾向の特徴や、神経症傾向が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ストレス耐性を見極める面接の質問例とは?質問の意図を明確にしよう!

メンタルヘルス不調は「本人の性格の問題」と捉える人が多い一方で、性格は生涯を通じて変わりにくいため、採用選考段階で見極めることが有効です。ストレス耐性検査だけでなく、採用面接でもストレス耐性を見極めることができますが、質問の意図を明確にし、どのように見極めるか準備することが大切です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素から、各要素を見極めるための面接での質問例について説明します。

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエミアブルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。