記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

ストレス耐性検査とは、どんなことが分かるのか?先天的・後天的な要素で考えよう

ストレス耐性検査とは、適性検査の一種で、ストレス耐性の強さを見極める検査です。精神障害の労災請求が年々増加しており、多くの企業が入社前にストレス耐性を見極めようとしています。今回はストレス耐性検査で見極められる6つの要素と、見極めるべき要素について説明します。

ビッグファイブの神経症傾向とは?ストレス耐性に影響を与える!

ビッグファイブの神経症傾向とは、ネガティブなことへの感情の反応を示すもので、ストレス耐性にも大きな影響を与えています。神経症傾向が低い人材=ストレス耐性が強い人材=優秀な人材と考えられがちですが、得手不得手があることを理解することが大切です。今回は神経症傾向の特徴や、神経症傾向が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ストレス耐性を見極める面接の質問例とは?質問の意図を明確にしよう!

メンタルヘルス不調は「本人の性格の問題」と捉える人が多い一方で、性格は生涯を通じて変わりにくいため、採用選考段階で見極めることが有効です。ストレス耐性検査だけでなく、採用面接でもストレス耐性を見極めることができますが、質問の意図を明確にし、どのように見極めるか準備することが大切です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素から、各要素を見極めるための面接での質問例について説明します。

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエミアブルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論とは?4つのタイプとそれぞれの特徴について

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイル理論を活用すれば、社内のコミュニケーションが円滑になり、生産性の向上につながります。今回は、ソーシャルスタイル理論によって分類される4つのタイプと、それぞれの特徴についてご説明します。

ソーシャルスタイル理論のアナリティカルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるアナリティカルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はアナリティカルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイルとは?言葉の意味や企業での活用方法について

ソーシャルスタイルとは、人の言動を4つのスタイルに分けて考えることで、相手との適切な接し方を判断するコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイルを活用すれば、従業員が互いの強みや弱みを理解して補い合えるようになり、組織の生産性が向上します。今回はソーシャルスタイルの意味や目的、企業におけるメリットや活用方法などをご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のエクスプレッシブタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエクスプレッシブタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエクスプレッシブタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のドライバータイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるドライバー(ドライビング)タイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はドライバータイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。