記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

希望的観測とは?希望や願望による判断が深刻な問題を引き起こす

希望的観測とは、根拠や理にかなった理由もなく「そうなって欲しい」という、希望に影響されてものごとを判断してしまうことをいいます。ポジティブ思考でプラスに働くケースもありますが、論理的な根拠がないので地に足のついた考え方ではなく、確実性に欠ける観測でしかありません。今回は希望的観測について説明します。

クリエイティブ・シンキングのやり方や実施方法とは?4つの手法を活用しよう

クリエイティブ・シンキングとは拡散思考・水平思考とも訳され、枠組みにとらわれないアイデアを生み出す自由な発想方法のことです。クリティカルシンキングを実施するためには、4つの手法を理解して、それぞれに取り組んでみることが大切です。今回はクリエイティブシンキングのやり方や実施方法について説明します。

根本的な帰属の誤りの具体例や対策方法とは?相手のことを思いやる

根本的な帰属の誤りとは、自分の身に起こったことは状況のせいにするのに、他の人のところで起こった場合には、その人の性格の問題だと認識してしまう現象です。他人に対して正当・公平な評価ができなくなる可能性があるバイアスであるため、人材採用・人事評価時には注意が必要です。今回は根本的な帰属の誤りの具体例や対策方法について説明します。

クリエイティブ・シンキングとは?自由な発想方法を活用しよう

クリエイティブ・シンキングとは拡散思考・水平思考とも訳され、枠組みにとらわれないアイデアを生み出す自由な発想方法のことです。新しいアイディアを生み出すクリエイティブシンキングは、ロジカルシンキング・ラテラルシンキングとも使い分けながら活用することが大切です。今回はクリエイティブシンキングについて説明します。

根本的な帰属の誤りとは?他人を正当・公平に評価できなくなるバイアス

根本的な帰属の誤りとは、自分の身に起こったことは状況のせいにするのに、他の人のところで起こった場合には、その人の性格の問題だと認識してしまう現象です。他人に対して正当・公平な評価ができなくなる可能性があるバイアスであるため、人材採用・人事評価時には注意が必要です。今回は根本的な帰属の誤りについて説明します。

ラテラル・シンキングの具体例とは?自分の価値観や前提を疑おう

ラテラル・シンキングとは水平指向とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。新しい発想やイノベーションを生み出す思考方法であり、ラテラルシンキングを実施するには、3つのポイントを理解して実践することが大切です。今回はラテラルシンキングの具体例について説明します。

フレーミング効果を採用活動へ活用する方法とは?自社イメージの向上に

フレーミング効果とは、実質的には同じ意味を表す選択肢であっても表現方法などが異なるだけで、受け手が全く異なる選択をしてしまう現象のことです。例えば「離職率10%の企業」というより「社員定着率は90%の企業」とPRする方が、多くの人に「人材を大切にする企業なのだな」という印象を持ってもらいやすくなります。今回はフレーミング効果を採用活動へ応用する方法について説明します。

ラテラル・シンキングのやり方や実施方法とは?3つのポイントを押さえる

ラテラル・シンキングとは水平指向とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。新しい発想やイノベーションを生み出す思考方法であり、ラテラルシンキングを実施するには、3つのポイントを理解して実践することが大切です。今回はラテラルシンキングのやり方や実施方法について説明します。

フレーミング効果とは?伝え方や表現方法を変えるだけで印象が変わる!

フレーミング効果とは、実質的には同じ意味を表す選択肢であっても表現方法などが異なるだけで、受け手が全く異なる選択をしてしまう現象のことです。支払うお金を「損失」から「費用」「投資」と言い換えるだけで印象が劇的に変わり、マーケティングや営業の世界でも用いられている心理効果です。今回はフレーミング効果について説明します。

ラテラル・シンキングとは?水平的で自由な思考方法を活用しよう

ラテラル・シンキングとは水平指向とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。新しい発想やイノベーションを生み出す思考方法であり、ロジカルシンキングと組み合わせて活用することで、その効果は増加します。今回はラテラルシンキングについて説明します。