記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

ステレオタイプが人事業務に与える影響とは?まずは認知することが大切

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日常生活では危険を回避したり脳への負担を軽減するためにステレオタイプは必要ですが、人材採用や人事評価においてはステレオタイプの影響を認識し、振り回されないように注意することが大切です。今回はステレオタイプが人事業務に与える影響や具体例について説明します。

クリティカルシンキングとは?人材評価に潜むバイアスから脱却するために

クリティカル・シンキングとは批判的思考とも訳され、物事を批判的に問うことで納得の行く結論を導き出す方法です。「最適解」を導き出すために、見えている事象や情報を鵜呑みにせず「本当に正しいのか」という疑問を持ち、じっくり考察した上で結論を出すことを言います。クリティカルシンキングを実践すれば、採用選考や人事評価などに潜むバイアスから脱却できる可能性があります。今回はクリティカルシンキングについて説明します。

ステレオタイプとは?日常生活では必要だが、人事業務では要注意!

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日常生活では危険を回避したり脳への負担を軽減するためにステレオタイプは必要ですが、人材採用や人事評価においてはステレオタイプの影響を認識し、振り回されないように注意することが大切です。今回はステレオタイプについて説明します。

近接誤差が生まれる原因や対策方法とは?客観性と手軽さがポイント

近接誤差とは、直近の出来事の方が強く印象に残ってしまい、評価期間全体の実際の成果よりも評価が高くなったり低くなったりしてしまう心理的偏向の一種です。近接誤差は主観による評価や面倒臭さから評価を後回しにしてしまうことで生じてしまいます。今回は近接誤差が発生する原因や対策方法について説明します。

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)の具体例とは?

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは、自分の意見や考え、行動が常に多数派でありかつ正常であると思い込む、認知バイアスです。自分の言動を受け取る側の考え方などを無視してしまうバイアスであるため、自分の思いを一方的に伝えるだけでなく相手にも同じ考え方を強要してしまうことは、人間関係の悪化に繋がります。今回はフォールスコンセンサスの具体例について説明します。

近接誤差とは?最新の成果のみが全体の評価に影響を与えてしまう

近接誤差とは、直近の出来事の方が強く印象に残ってしまい、評価期間全体の実際の成果よりも評価が高くなったり低くなったりしてしまう心理的偏向の一種です。近接誤差による評価エラーが常態化してしまうと、評価期間の最後だけ頑張れば良いとなってしまい、序盤や中盤のモチベーション低下を招きます。今回は近接誤差について説明します。

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは?自分が正しいと思う理由

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは、自分の意見や考え、行動が常に多数派でありかつ正常であると思い込む、認知バイアスです。自分の意見が正しく、周囲の人が合意してくれると勝手に思い込むことから偽の合意効果と呼ばれています。今回はフォールス・コンセンサスの概要について説明します。

逆算化傾向が起きる原因や対策方法とは?人事評価の目的を周知しよう

逆算化傾向とは、人材の評価を行う際に最初に総合評価を決めてしまい、帳尻を合わせるように細かい評価を調整してしまう心理的偏向の一種です。理由を後付にした人事評価を行うことで、人事評価制度の崩壊を招いてしまうため、人事評価制度の目的や重要性について周知することが対策方法として挙げられます。今回は逆算化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

ポジティブ心理学のやり方とは?普段の業務でも取り組める!

ポジティブ心理学とは、人の持つポジティブな側面に焦点を当てたことで生まれた新しい捉え方です。ポジティブ心理学を実践するには、5つの柱であるPERMAを理解し、普段の生活や業務などで取り組める範囲から始めることが大切です。今回はポジティブ心理学のやり方について説明します。

逆算化傾向とは?総合評価や昇進ありきの人事評価は周囲に悪影響を与える

逆算化傾向とは、人材の評価を行う際に最初に総合評価を決めてしまい、帳尻を合わせるように細かい評価を調整してしまう心理的偏向の一種です。逆算化傾向が現れると、人事評価が上司の印象によって決まってしまい、各従業員の長所・短所が正しく査定されないという問題点が生じます。今回は逆算化傾向について説明します。