記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

ビッグファイブの協調性とは?他の社員とのポジションを明確にする!

ビッグファイブの協調性とは、自分のことではなく相手のことを思いやる力のことです。他人の心にどれだけ関心があるかを意味しています。日本企業では、協調性が高い人材=良い人材と考えられがちですが、得意・不得意があるだけで、必ずしも良い人材であるとは限りません。今回は協調性の特徴や、協調性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

採用面接でストレス耐性をチェックする注意点とは?

自社のメンタルヘルスケアを実施するために、採用担当者・人事担当者には多くの期待と役割があります。メンタルヘルス不調が現れる原因として本人の性格や職場の人間関係が挙げられています。性格は生涯を通じて変化しにくいものであるため、採用段階で見極める、既存従業員と相性の良い人材を採用する、相性の良い上司に配属させるなどが可能です。今回はストレス耐性を面接で見極める必要性やメリット・デメリットについて説明します。

適性検査の信頼性とは?精度と受検負担を考慮しよう!

適性検査の信頼性とは、受検結果の精度を意味する指標であり、どの程度正確な分析結果であるかを意味しています。質問項目などを増やせば信頼性が高まる一方で、受検負担が増加するため、信頼性と受検負担を天秤にして考える必要があります。今回は適性検査の信頼性とはなにか、どのように考えて適性検査を選ぶべきかについて説明します。

ビッグファイブの外向性とは?性格や特徴を活かして採用しよう!

ビッグファイブの外向性とは、社交性や明るさなどの特徴を含んだ性格です。一般的に外向性の高い人は、面接などで良い印象を与えやすいですが、外向性が低い人はスペシャリストなどの専門職に向いているため、ハロー効果に陥らずに客観的に理解することが大切です。今回は外向性の特徴や外向性が高い・低い人に適した業務内容などについて説明します。

ストレス耐性を高める取り組みとは?人事部門の期待は高い

企業のメンタルヘルスケアの取り組みが重要視されている中で、ストレス耐性への注目も高まっています。メンタルヘルスケアの担い手として、人事労務部門は大きく期待されており、取り組める内容にも様々あります。今回はストレス耐性を高める方法について説明します。

ビッグファイブの誠実性とは?仕事の成果との関係が最も強い要素

ビッグファイブの誠実性とは、勤勉性や真面目さとも呼ばれ、自己コントロール力の高さを示すものです。誠実性は、ビッグファイブの5要因のうち、仕事の成果との関係が最も強いものとされています。今回は誠実性の特徴や、誠実性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ストレス耐性が高い人材の特徴とは?育成で伸ばすことできる!

ストレス耐性は採用選考においても見極めたいとの需要が高まっています。一般的にはストレス耐性の高い人材が優秀であると考えられがちですが、ストレス耐性は育成することができるだけでなく、ストレス耐性が高いからこそ苦手なこともあり、必ずしもストレス耐性が高い人材が優秀であるとは限りません。今回はストレス耐性が高いとは何か、ストレス耐性の高い人材の特徴とは何かについて説明します。

ビッグファイブの開放性とは?高い人の特徴や適した業務を知ろう!

ビッグファイブ理論の開放性とは、チャレンジ力や好奇心などとも呼ばれる要素です。開放性が高い人は独創的な発想を持つ人材であり、開放性が低い人は手堅い選択を好む傾向にあります。今回はビッグファイブ理論の開放性や特徴、適した仕事や業務内容について説明します。

ストレス耐性が低い=悪いではない!低い人材の特徴とは?

ストレス耐性は採用選考においても見極めたいとの需要が高まっています。一般的にはストレス耐性の高い人材が優秀であると考えられがちですが、ストレス耐性は育成することができるだけでなく、ストレス耐性が低いからこそ得意なこともあり、必ずしもストレス耐性が高い人材が優秀であるとは限りません。今回はストレス耐性が低いとは何か、ストレス耐性の低い人材の特徴とは何かについて説明します。

ビッグ・ファイブ理論の5要素とは?人の性格を理解しよう!

「ビッグ・ファイブ理論」とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は人の性格を5つの要素に分け、各要素の程度によって人の性格を分類する理論です。今回はビッグファイブ理論の5つの要素とは何か、各要素の特徴について説明します。