記事カテゴリー

「 心理学 」一覧

正常性バイアスが発生する具体例や対策方法とは?危機管理意識を高めるために

正常性バイアスとは、人が危機や何かの異状に直面した際に現実を素直に受け止めることができず、物事を過小評価もしくは楽観視をして「まだ大丈夫」と思い込もうとする傾向のことです。「これぐらいなら大丈夫」だと思いこんでしまうことで長時間労働や偽装工作などが発生し、深刻な問題に発展してしまう可能性もあるバイアスです。今回は正常性バイアスが発生する具体例や対策方法について説明します。

正常性バイアスとは?危機管理としてもバイアスを認知することが大切

正常性バイアスとは、人が危機や何かの異状に直面した際に現実を素直に受け止めることができず、物事を過小評価もしくは楽観視をして「まだ大丈夫」と思い込もうとする傾向のことです。本来は、人が物事に過剰に動じることなく日常を問題なく過ごすために必要なレベルの平静を保つための心の働きで、人間に必要な心の働きです。しかし非常時には正常性バイアスが災いし、問題を放置してしまうことで更に深刻化させてしまう原因にも繋がります。今回は正常性バイアスについて説明します。

寛大化傾向・中心化傾向・厳格化傾向の共通点や違いとは?

公正公平の人事評価制度は、フレキシブルな人材起用の実現には欠かせません。現在のビジネスシーンではサービスや働き方の多様化が発生しており、対応していける会社体制を整えることは中長期的な人材戦略としてマストなものとなっています。しかし、せっかくの人事評価制度も上手く運用できなければ意味がありません。この記事では人事評価制度運用の問題点である寛大化傾向や中心化傾向、厳格化傾向について解説します。

情報バイアスが会社や人事業務に与える悪影響や対策方法とは?

情報バイアスは、あきらかに不要な情報も必要だと思い込ん)集めてしまうバイアスです。情報過多に陥ることで効率の良い判断ができなくなる可能性があります。人事評価制度の評価項目や評価基準が定まっていない場合、不必要な情報も収集することで人事業務の効率が低下するだけでなく、誤った判断を引き起こして不平不満の原因となる可能性もあります。今回は情報バイアスが会社や人事業務に与える影響や対策方法について説明します。

寛大化傾向が起きる原因や対策方法とは?主観評価から脱却しよう

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。寛大化傾向によって人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあり、何故寛大化傾向が起きるのか、対策方法はあるのかを知っておくことが大切です。今回は寛大化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

情報バイアスとは?情報を集めすぎることで正しい判断ができなくなる

情報バイアスは、あきらかに不要な情報も必要だと思い込ん)集めてしまうバイアスです。情報過多に陥ることで効率の良い判断ができなくなる可能性があります。現代のビジネスにおいて情報収集は非常に大切ですが、業務中に平均1.6時間もの情報収集を行っているという調査結果もあり、効率的に情報収集することが求められています。今回は情報バイアスについて説明します。

寛大化傾向とは?人事評価が高すぎることも不公平な評価となる

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。低い評価をつけてしまうことへの負い目や甘さから、評価者全員に対して高い評価を行ってしまうことですが、人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあります。今回は寛大化傾向について説明します。

外部誘因バイアスが企業や人事業務にもたらす悪影響や対策方法とは?

外部誘因バイアスは自分の動機は不純ではなく、他人の動機は不純だと判断してしまうことです。外部誘因バイアスの影響で、優秀な人材を妬んだり社員同士の足の引っ張り合いが起こり、社内の人間関係や個人の上昇志向を阻む心理的な要因となってしまう可能性があります。今回は外部要因バイアスが発生する原因や対策方法について説明します。

外部誘因バイアスとは?自分に甘く他人に厳しいことを認識する

外部誘因バイアスは自分の動機は不純ではなく、他人の動機は不純だと判断してしまうことです。人間は根本的に「自分に甘く他人に厳しい」生き物であるため、他者への評価にバイアスがかかっていないか認識することが大切です。今回は外部誘因バイアスについて説明します。