OKRとはどのような目標管理制度なのか?GoogleやFacebookも導入している!

社員のモチベーションをマネジメントする重要性

求人市場の競争激化に伴い、かつて以上に人材活用が大きな人事課題となりました。これは有能な人材の確保だけではありません。ある能力については未熟なところがある一方、特定の分野に関しては非常に長けているといった人材を起用するなど、適材適所の人事制度を実現することが現代の人事戦略では欠かせません。

人事制度のブラッシュアップは、適材適所による生産性の向上だけではありません。評価項目を細分化・具体化し、人材起用の多様性を創出することは、従業員のモチベーションアップにもつながります。モチベーションと生産性の関わりは深く、いわば生産性の向上は従業員のモチベーション管理にかかっているといっても過言ではありません。

ここで「モチベーションと生産性」についての調査に目を向けてみましょう。ベイン・アンド・カンパニーとプレジデント社による合同調査では、「やる気溢れる社員の生産性は、やる気のない社員の2倍」という結果が報告されました。また「いま働いている会社への満足度」を調査したところ、グローバル企業に比べ日本企業は圧倒的に「不満」が多いという結果になり、特に優良企業以外を除けば「3人に1人が不満」を持っていることが明らかになりました。

意欲の度合いによる社員の生産性
出典元『PRESIDENT Online』”3人に1人”の不満社員を奮起させるには

ダイヤモンドオンラインによる調査では「今働いている会社はやる気が出ない」と答えた人が6割超と、前述の調査よりもさらに多い結果となりました。やる気が出ない理由としては「評価が不公平」「人間関係が悪い」「ビジョンが見えない」が挙げられています。

あなたが今働いている会社は「仕事をやる気が出る」会社ですか。それとも「仕事をやる気が出ない」会社ですか。

参考URL『DIAMOND online』なぜ「やる気」が出ないのか?会社が知る由もない社員のホンネ大調査

こうした背景を踏まえると、会社のビジョンを明確化・共有するための手法が人事制度の整備には不可欠だとわかります。

この記事では、会社と従業員の間で具体的なビジョンを共有するのに効果的な「OKR」について紹介します。

OKRとは?意味・定義、活用するメリットについて

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。

OKRではObjectives(達成目標)とKey Results(主要な成果)を設定することから始めます。まず最初に上がるのが抽象度の高い「Objectives」です。「Key Results」とは、達成目標のために必要な具体的な成果であり、いわば概念を具体的な物事に噛み砕いたものです。このように「達成目標→主要な成果→そのために組織がすべきこと→そのために個人がすべきこと→……」というように、大きくて抽象的な目標を段階ごとに小さくて具体的なものに噛み砕いていくことで、組織の構成員がそれぞれにすべきことが明らかになります。

組織の目標に沿いながらシステマティックに個人の行動目標を決定できるのがOKRの利点であり、GoogleやFacebookでも導入されている注目の手法です。

OKRを導入する企業・従業員のメリットについて

OKRの目的は、組織目標と個人目標を一致させ、それぞれがすべきことを具体化することです。OKRを導入し上手に運用できると会社全体の生産性の向上が期待できます。仮に目標が達成できなくても、具体的な目標に沿って業務を進めているため、その原因が何であったかを振り返りやすいというのもメリットです。設定した目標によって個人の働きぶりが可視化されるので、従業員の貢献度も具体的に評価しやすくなり、人事考課における重要な資料にもなります。

従業員にとっては「やるべきことが明らかになっている」というのが大きなメリットです。目標がなければ「何をすべきなのかわからない」という非生産的な時間が生まれてしまいますが、OKRを導入するとそれがなくなります。短期的に具体的な目標を持つことでモチベーションを保ちやすくなります。何をどの順番で進めていくかなど、業務の優先順位も明らかになり、「タスクをこなしていく快感」を誘うこともでき、従業員が「路頭に迷う」リスクを排除できます。

OKRを導入する企業・従業員の注意点について

OKRを導入するには、まず組織全体のビジョンを明確に持つことが不可欠です。

OKRでは組織が掲げる最も大きく抽象的な目標をもとに構成員全員の行動目標を決定する手法ですので、元となる企業理念が定まっていなければ成り立ちません。理念は従業員に共有できるものでなければ、OKRの最大のメリットである「従業員のエンゲージメントを向上させ、生産性を上げる」ことが叶わなくなります。

従業員全員の細かな目標を管理しなければならないため、導入や運用に大きな労力がかかることも覚悟しなければなりません。人的コストの問題については、目標管理シートなどを製作し、使いながら適宜アップデートするなど、システムのメンテナンスに絶えず目を光らせておくことが大切です。

OKRの導入でやるべきことの可視化を!

OKRとはGoogleやFacebookをはじめとした大企業が導入している目標管理制度です。組織の抽象的な目標からトップダウンで構成員個々の目標を具体的かつシステマティックに設定できることから、近年注目を集めています。

OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。しかし導入から効果が出るまでに時間がかかり、企業と社員の価値観がマッチしている必要があることには注意が必要です。

導入してすぐに効果が出るわけではないからこそ、できるだけ早い段階でOKRを導入することが大切です。人材マネジメントや生産性の改善に課題を持っている企業は、OKRによる社員のモチベーションアップに取り組んでみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

プライバシーポリシー

関連するタグ