上下関係とは?職場におけるメリットやデメリットについて

職場の人間関係の重要性について

人間関係の問題は、90年以上前から注目されています。ホーソン実験が行われるまで「人間の感情は労働生産性に影響を与えない」と考えられていましたが、ホーソン実験によって「職場の人間関係やリーダーシップが生産性に大きく影響を与えている」ことが明らかになり、従業員のモチベーション管理やリーダーシップなどの近代研究につながっています。

Googleが行った「成功するチームの要因」を研究したプロジェクト・アリストテレスでは、心理的安全性が最も重要であると突き止めました。心理的安全性とは、メンバー全員が思ったことを発言したり行動したりしても対人関係を損なうことはないと信じている状態のことで、良好な人間関係が必要不可欠であることを意味しています。

人間関係の一つとして、上司と部下の関係である上下関係が挙げられます。カオナビの調査によると「上司からの理解が仕事のパフォーマンスに良い影響があるか」という質問に対して約60%の人が「良い影響がある」と答えています。

上司からの理解が仕事のパフォーマンスに良い影響があるか
出典元『カオナビ』カオナビHRテクノロジー総研が、「上司と部下の関係性」に関する調査結果を公開。約6割の社員が「上司からの理解が不十分」と回答

リクナビネクストの調査によると、転職者の退職理由の本音として「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」といった職場の人間関係に関する回答が多く挙げられています。

参考URL『リクナビNEXT』転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

今回は職場における人間関係で、仕事のパフォーマンスや退職理由に大きな影響を与えている上下関係について説明します。

職場での上下関係がもたらす影響について

上の立場の人間との関係が従業員の生産性や離職率に大きな影響を与えるため、社内の上下関係をどのように扱うかは組織のマネジメントを行う上で非常に重要です。

今回は会社の上下関係が業務や生産性に与える影響や、厳しくした場合/緩くした場合にどのような影響があるのかについて説明いたします。

上下関係を厳しくするメリットとは?

上下関係を厳しくするメリットには、指揮命令がしやすい、責任の管理がしやすいなどが挙げられます。

仕事上の上下関係をはっきりさせるために役職があります。上司の指示に強制力があるのは、上司しか知りえない情報を基に判断される場合があるからです。代わりに、上司には責任を負う義務があります。もちろん部下には、部下の視点からの意見を言う権利やと指示を全うする義務があります。

会社の中での上下関係は、組織をスムーズに運営するために必要な指示系統です。しかし行き過ぎた上下関係はデメリットを生む可能性が高くなるため、注意が必要です。

上下関係を厳しくするデメリットとは?

上下関係を厳しくするデメリットは、いじめやパワハラの原因になる、下の立場から意見や提案がしにくくなるなどが挙げられます。

あまりに上下関係が厳しくなってしまうと、理不尽な関係になりかねません。ルールとして実施するのは必要ですが、あくまで人と人は対等なものです。上からのストレスを下にぶつけて発散するような関係になっていたとしたら、上下関係が適切に働いていないと言えるでしょう。

上下関係をなくすメリットについて

上限関係をなくすことのメリットは、上司との人間関係におけるストレスの軽減、意見や提案をしやすくなることによるイノベーションの創出などが挙げられます。

上下関係がなくなることは、経営陣と現場が近くなることです。これまで情報が届かなかった末端まで情報が届きやすくなります。情報が行きかいやすくなるため他部署間の社員同士の情報交換も活性化され、新たな業務改善のきっかけが生まれることにもつながります。

上下関係をなくすデメリットについて

上下関係をなくすデメリットは、指揮系統の混乱を生む、責任の所在が曖昧になるなどが挙げられます。

上限関係がなくなるということは、流れる情報量が増えることを意味します。上下関係による役割分担がなくなるため、情報の分担や複数間のコミュニケーションに割く労力が増えます。

役割分担の明確化がないために責任の所在が不明瞭になりがちです。混乱をきたさないためにも、各社員の組織内での役割認識や、相互理解をするための労力が必要になります。

健全な上下関係を構築する方法とは

健全な上下関係を構築する方法はあるのでしょうか。上司は責任を持ち部下は報連相を行うなど互いに尊重し合う、相手の気持ちを考えるなど基本的なことにあります。

仕事は人と人とのつながりがあってこそ、達成できるものです。上下関係の有無の前に、協調性や人としての尊重が必要になります。あくまでも上下関係は仕事を円滑に進めるためのルールであり、そもそも人同士は対等であるという大前提を忘れてはなりません。

あなたの組織はどんな形の上下関係を選ぶのか

会社の上下関係は従業員の生産性や離職率に影響するため、会社の経営や組織のマネジメントを行う上で非常に重要です。

上下関係は厳しくした場合にも、なくした場合にもそれぞれメリット・デメリットがあるため、自社の社風に合った適切な上下関係を構築しましょう。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ