記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 社風 」一覧

    社風改革は可能?社風を改革できる理由と問題点・注意点とは

    社風はどの企業にも必ず存在するものです。しかし、自社の社風を客観的かつ正確に把握できており、言語化できる人は多くありません。そのため、経営者の掲げる理想の社風と、実際の社風が異なる可能性があります。理想の社風と現実の社風が異なる場合、理想を変えるか、現実を変えるかの選択を迫られます。今回は現実を変える「社風改革」がそもそも可能なのか、可能であれば社風改革の際にはどのような点に注意すべきなのかについて説明します。

    社風が合わないを判定する方法とは?退職理由から会社に合う人材を採用しよう!

    社風が合わないが早期退職理由の上位に挙げられています。社風自体には良い・悪いはないため、合う・合わないで判断されるべきですが、多くの企業で「社風に合う人材」を採用できていないことを示唆しています。社風に合うか合わないかを判定するためには「社風の見極め」「人材の見極め」「相性の見極め」の3ステップが必要です。各ステップのやり方などについて説明します。

    社風の種類や具体例とは?構成要素から表現方法を学ぼう!

    社風とは従業員が感じる会社の雰囲気や特徴のことを表します。求職者の会社選びの軸として選ばれたり、離職時の退職理由としても大きな影響を与えています。自社の社風に対して理解を深めるためには、そもそも社風にはどのようなものがあるのか、どんな要素が影響を与えているのかを知っておく必要があります。社風の具体例から、ミライセルフが社風を構成する要素として定義している項目について説明します。

    社風の意味とは?社風が合う・合わないとはどんな意味なのか?

    新卒入社3ヶ月未満で早期退職する理由として、社風への不満が上位に挙げられています。また良くも悪くも入社後にギャップがあった項目としても社風が上位に挙げられています。社風は早期離職や定着に関わる大切な要素ですが、抽象的な概念なため正確に把握することが難しいとも言われています。今回は社風の定義や間違えやすい組織風土や企業文化との違い、活用するメリットや注意点について説明します。

    組織風土や組織文化、社風の意味や定義の違いとは?

    会社の内部や従業員の人間関係などを示す言葉として「組織風土」「組織文化」「社風」などが用いられます。抽象的であいまいな概念である組織風土や組織文化、社風ですが、厳密には全て言葉の意味に違いがあります。組織風土は社員のモチベーション、組織文化は仕事のやり方、社風は人間関係に影響を与えるものです。人事業務や経営戦略に組織風土や組織文化、社風という言葉を用いる上で、それぞれの言葉の意味や違いを正確に理解できるようになるために、解説いたします。

    組織風土(企業風土)の意味とは?会社の風土の違いを理解しよう!

    組織風土とは、人間でいう性格のような、外部からの影響を受けにくく変革するのが容易ではない概念です。類似する概念として組織文化や社風などがありますが、これらとの違いを明確に説明できる人はあまり多くないと思います。自社の組織風土を理解するためには、そもそも「組織風土とは何か」を知っておく必要があります。この記事では、「組織風土」の定義や「企業文化」「社風」との違い、活用するメリットやデメリット、注意点について説明します。

    社内コミュニケーション活性化の起爆剤?「社内イベント」の有効性とは

    社内コミュニケーション活性化の手段として、社内イベントが注目されています。一言でイベントと言っても、全社会議や表彰式だけでなく、運動会やキャンプなど様々な形式があります。社内コミュニケーション活性化の目的である、社員に好まれるイベントや、逆に参加したくないイベントなどの調査結果から成功要因・失敗要因について説明します。

    ランチ懇親会は「社内コミュニケーション」活性化に有効か?

    社内のコミュニケーション促進の一環として、「ランチ会」の導入を検討している方も多いと思いますが、実際に実施するとなるとある程度の準備が必要です。ここでは、ランチ会をコミュニケーション活性化にどう活用するか、そのポイントについてご説明します。

    社内のコミュニケーション不足が招く企業の課題・問題点とは?原因を追求する

    社内のコミュニケーション不足は、様々な問題を引き起こします。社内のコミュニケーション不足が引き起こす問題として、社員の仕事の幅が広がらずにスキルアップできずに業績自体が低下する、コンプライアンス違反に気がつけずに法的な問題に発展する、顧客満足度や自社ブランディングの低下などが挙げられます。社内コミュニケーション不足が業務の障害となると考えている企業は8割にもなり、組織風土や社風に原因があると考えられています。社内コミュニケーション不足が引き起こる原因や具体的な課題、問題点について説明します。

    社内コミュニケーション活性化の成功事例とは?職場を活性化しよう!

    社内コミュニケーションの活性化とは、離職問題だけでなく、業績向上にも大きく関わる要因であり、様々な企業が取り組んでいる課題です。社内コミュニケーション活性化の重要性が高まり、注目度も上がっている中で、様々な企業で成功事例・失敗事例が生まれています。今回は社内コミュニケーションの活性化施策のうち、企業での成功事例や失敗事例を紹介しながら、自社の職場活性化に活かせる要因を探ります。