リファラル採用とは?リファラル採用の基本と普及している背景について

アメリカでは一般的なリファラル採用とは?

リファラル採用とは、リファラルリクルーティングの略称で、いわゆる社員紹介制度を活用した、採用制度のことを指します。日本でも注目を集めつつあるリファラル採用は、アメリカではすでに多くの企業が取り入れている採用方法です。

リクルートワークス研究所の報告書にある、2012年度米国の採用コンサルティング会社CareerXroads(以下,CXR)が実施した調査結果によると、100企業のうち何らかの形でリファラル採用を導入していると答えた企業は90%以上もあります。

企業のリファラル採用導入率
出典元『リクルートワークス研究所』米国の社員リファラル採用のしくみ

新卒採用においてもリファラル採用の導入が進んでいます。MyReferの調査によると、2017年に28%であった新卒採用におけるリファラル採用は、2018年には37%と大幅に増加しています。

新卒採用におけるリファラル採用実施率
出典元『MyRefer』新卒領域のリファラル採用実態調査

マンパワーグループの調査においては、リファラル採用を導入している企業は6割を超えているとの調査もあります。一方で、順調と回答した企業は2割強であり、2割弱の企業が順調でないと回答しており、単純にリファラル採用制度を導入するだけでは順調に運用ができないことを示唆しています。

リファラル採用の導入率
出典元『マンパワーグループ』最近、注目の「リファラル採用」、企業の導入率はなんと約6割!効果的な運用のための対策とは?

今後ますます日本でも注目を集めるであろうリファラル採用ですが、実際に導入する上で知っておきたいメリットやデメリットについて紹介します。

リファラル採用が今後の人材獲得競争を左右する?

リファラル採用が注目されている背景には、採用市場が売手となり競争が激しくなっている背景があります。そんな中で一般的な求人広告や企業説明会を開催したところで、公募による有能な応募者人材の獲得はあまり期待できません。またせっかく採用に至っても実際働いてからのギャップや適正の不一致などから、早期に離職するケースも少なくない現状があります。そうしたリスクをできるだけ抑えたいという背景もありリファラル採用が注目されています。

リファラル採用では、その会社の一番の理解者と言える、社員の人脈を活用して、その友人や知人、元同僚を紹介、推薦してもらうことで、適正の不一致や採用にかかる大幅なコストが抑えられ質の高い人材を確保することが期待できます。

リファラル採用と「縁故採用」の違い

リファラル採用に似た意味を持つ言葉で「縁故採用」という言葉が日本では古くからあります。「縁故採用」とは血縁者や知人を通じての紹介採用制度ですが、こちらは総じてあまり良い印象がありません。

背景には、古くから縁故採用においては、頼まれたから仕方なく基準を満たさない人材を採用しているという実態があり、ネガティブなイメージへと現在もつながっていると考えられます。

リファラル採用と縁故採用の大きな違いは、採用選考基準や紹介方法を制度として定着させることにあります。友人・知人だから血縁者だから仕方なく採用するということは一切ありません。

リファラル採用は、社員の元同僚や学生時代の友人・知人、プライベートでの人材ネットワークを通じて候補者を集め、企業の社風や適正に会わせ人材選考を行い採用へと結びつけることを目的としています。

リファラル採用を活用する上でのメリットとデメリット

リファラル採用ですが、導入すると採用に関する人的コストや費用の面でも大幅に削減が可能です。さらには、一般的な採用手法では、接点を持つことができないような人材に出会えることやより理想に近い人材へピンポイントへアプローチができるなど多くのメリットがあります。

社員の人脈を活用するが故に、紹介者と被紹介者の関係性が崩れたり、同じような人材ばかりが集まってしまうといった可能性も考えられます。

メリットやデメリットがあることを理解した上で、導入を検討する際には、リクルーターとなる社員の教育はもちろん、人材の偏りを防ぐための工夫や紹介した社員への報酬、実際に採用へ至った場合また至らなかった場合における人間関係への配慮をすることが必要です。

リファラル採用導入は簡単でも活用されるまでが重要

リファラル採用はアメリカでは広く一般的な採用手法でありますが、日本でも徐々にその成果が認められて来ています。

採用活動の効率性や人材の定着性から見ても、従来の採用活動よりもはるかに魅力的なリファラル採用ですが、導入するのは簡単でも活用に至るまでには社員全体の意識改革をする必要があります。

社員が友人・知人に紹介したくなるような組織体制や福利厚生への取り組みはもちろん、自社が抱える課題をみつけ改善していくことがリファラル採用を導入し有効活用するためには必要と言えます。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ