ピグマリオン効果は本当に効果があるのか?実証実験の内容について

身近に存在するピグマリオン効果とは?

「バイアス」は、英語の「bias」をベースにしている日本での名称(カタカナ語)です。もともとの「bias」の意味は「傾向・先入観・偏見」などがあり、日本で「バイアス」として用いられる場合も同じく「先入観」「偏見」を意味することが多くあります。日常生活においては、心理・心情的な意味で使われることが多く、「上司の意見は常にバイアスがかかっている」と言った場合は、偏見や先入観が混じった意見であるということを指しています。

バイアスはビジネスシーンで用いられることが多い言葉とも言われています。特に、心理学からビジネスに応用されることの多い「確証バイアス」や「認知バイアス」は有名でしょう。一般的な用法としては、「彼の意見はバイアスがかかっている」「あのミーティングの結論にはバイアスがあるのでは…」という文脈で用いられます。

人間は性格や価値観に基づいて行動を行うが、バイアスなどの心理効果によって、良い効果・悪い効果をもたらす可能性があり、ビジネスシーンも含む様々な心理効果が心理学で研究されています。

カオナビの調査によると、上司からの理解が仕事にパフォーマンスに影響を与えると考えている部下は過半数を超えており、実際に上司からの理解があると考えている人ほど職場満足度が高い一方で、過半数以上の部下が上司からの理解が不十分だと感じている実態があります。

上司からの理解が仕事のパフォーマンスに良い影響があるか

出典元『カオナビHRテクノロジー総研』上司は私のことを分かってない!?~「上司と部下の関係性」に関する調査結果1~

今回は、上司からの期待とも関係のあるピグマリオン効果が発生する理由と活用方法について、説明します。

ピグマリオン効果を組織でいかに活用していくか

ピグマリオン効果は教育現場などで使われることが多く、教える立場の教師が生徒の知識向上や意欲向上を期待した態度をとり続けることで、実際に生徒が期待に応える行動をする、というものです。実際に自分が期待されていることを感じると意欲が高まることは日常生活やビジネスの現場では多くあります。それを心理学的に応用しようとするものが、ピグマリオン効果を活用した指導方法といえます。

ピグマリオン効果の内容とは?

ピグマリオン効果とは、米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された教育心理学における心理的行動の一つで、『教育期待効果』または『ローゼンタール効果』とも呼ばれます。

ある野球チームがあったとして、監督が選手にもっといいプレーができると期待をすると、その選手は自身の努力の結果監督の期待したプレーができるようになります。これが「ピグマリオン効果」です。

逆に周囲から期待されていない人物の成績や成果が平均値を下回る現象も発生します。これを「負のピグマリオン効果」や「ゴーレム効果」といいます。

「ピグマリオン効果」には、実証されず再現性がないといったものや、教師や指導的立場にある人物の心構えの概念と考えるべきだ、といった意見もあります。

ピグマリオン効果の実験例について

実験1:ネズミを使った実験におけるピグマリオン効果

ピグマリオン効果を誕生させたローゼンタール氏とフォード氏が行った、ネズミを使った迷路実験があります。実験を行う際「これはよく訓練されている賢い系統のネズミ」「これは訓練がなされていないのろまなネズミ」と説明して、学生たちのグループにネズミを渡したのです。その結果、下記のようなことが起こりました。

  • 訓練されたネズミを渡された学生のグループは、ネズミを丁寧に扱った
  • のろまなネズミを渡された学生のグループは、ネズミをぞんざいに扱った

ローゼンタールは、両者のネズミへの期待値の違いが実験結果にも反映されたと結論付けたのです。学生とネズミの間で起こった現象は、教師と学生間でも同様に成り立つのではないかと考えました。

実験2:教育現場での実験におけるピグマリオン効果

教育現場でもピグマリオン効果が認められた実例があります。1964年、サンフランシスコの小学校で、ハーバード式突発性学習能力予測テストと名付けた一般的な知能テストが行われました。

テストの際、学級担任に「これから数カ月の間、成績が向上する生徒を割り出すための知能テスト」と説明をし、テスト後に、検査結果とは関係なく無作為に抽出した生徒の名簿を見せ、「この生徒たちが成績が向上する生徒である」と伝達したのです。すると、学級担任に「成績が向上する生徒」と見せた生徒の成績は向上していきました。

報告論文では、「学級担任が期待のこもった目で一部の生徒を見た」「一部の生徒も自分が期待されていることを意識した」「両方が成績向上の要因になった」と主張しています。

こういった実験からローゼンタールは、人間は褒められ期待されると感動する、教師が生徒を肯定的に期待・評価すると生徒は向上心が誘発され良い結果を出す、と結論づけています。

ピグマリオン効果を活用する方法について

ピグマリオン効果は人材育成においても密接な関係があります。優秀な管理職や人事担当者は部下に「高い成果を達成できる」という期待を抱かすことができます。一方で、部下に「あなたは高い成果を出せない」というネガティブ思考を埋め込む管理職や人事担当者は決して優秀とはいえません。ピグマリオン効果をうまく使って、うまく人材育成を行うことは自分自身の昇進にもつながります。

日本の企業の多くは業績的評価と人物的評価(協和性やコミュニケーション能力)の二つの評価を重きに置いているため、ピグマリオン効果を発揮しやすい環境にあります。本来業績のみで判断したいところですが、人物的評価を軸にピグマリオン効果を取り入れると業績的評価の向上にも効果的です。

人物的評価を使うと「あなたはコミュニケーション能力や協調性、主体性に優れており、プロジェクトには欠かせない存在だ。そのため、今以上の高い成果を達成できる」という期待がかけやすくなります。

営業部門におけるピグマリオン効果

ピグマリオン効果が表れやすい部門が「営業部門」と言われています。営業部門は数字による業績的評価を行いやすいためです。

上司が部下に期待をかけることで部下が期待に応えようと努力するようになったり、部下が自身で考え行動できるようになった、また部下との報連相の機会が増えたなど、日常の業務において好転することが多くなります。部下に期待をかけることで成果を上げるピグマリオン効果は、現場のマネジメントには最適と言われています。

ピグマリオン効果の活用は結果として上下の関係性を良くし、組織全体の活性化にもつながる可能性があります。

後輩育成におけるピグマリオン効果

部下のモチベーションを向上させて成果を出すような状態に促すことは管理職に求められる必須の能力です。その際にピグマリオン効果を用いることは、結果に良い効果を生み出すことができます。

主に後輩教育では、後輩の作業スピードが高まったり、コミュニケーションの機会が増える、また先輩・後輩社員ともに業績が向上するなどの相乗効果が望めます。

一般的に「OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」は、ピグマリオン効果によって高い成果を出すことができると言われています。

ビジネスでもプライベートでも「ピグマリオン効果」を効果的に活用する

ピグマリオン効果とは、相手に期待することで相手は期待に答えるように行動をする効果であることを説明し、教育研修やマネジメントなどでも活用できる心理効果です。

相手に期待することで承認欲求や自己実現欲求に働きかけ、モチベーションを高めることができます。しかし高すぎる期待や期待しすぎないことは、また別のマイナスを引き起こしてしまいます。

ピグマリオン効果を有効に活用するためには、さまざまな注意が必要です。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

プライバシーポリシー

関連するタグ