記事カテゴリー

社内(インナー)コミュニケーション活性化とは?意味やメリットについて

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」に注目している企業は多くあります。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響します。ここでは、活性化するための基本のポイントについてご紹介します。

内定者アルバイトとは?実施目的やメリット・デメリット、内容について

内定者アルバイトとは、入社前の内定者に実際の業務を体験してもらい、即戦力化やミスマッチ軽減を図る内定者フォローの施策です。内定者アルバイトは、やり方を間違えてしまうと内定辞退につながる危険がありますが、本来の目的さえ忘れなければ非常に効果的な内定者フォローになります。今回は内定者アルバイトの目的や内容、メリット・デメリットを確認し、効果的な内定者アルバイトとはどんなものかを考えていきます。

内定者合宿とは?入社前に解決しておくべき課題や目的を明確にしよう

内定者合宿とは、ある程度まとまった時間を確保し、内定者を一カ所に集めて行う内定者フォローの施策です。内定者合宿には労力や費用がかかりますが、コストがかかる分、他の施策よりも高い効果が期待できます。今回は内定者合宿を行う目的と入社前に解決しておくべき課題、合宿を行う上での注意点などについてご紹介します。

インターンシップ誓約書の目的や注意点、テンプレートとは?リスク回避をしよう!

就職活動解禁時期よりも前に学生に接触できるアプローチとして「インターンシップ制度」を導入する企業が増加しています。インターンシップ制度を導入するためには「インターンシップのプログラム内容」などだけでなく、受け入れ準備として「インターンシップ誓約書」と「インターンシップ契約書」の2種類の書類を準備しておくことが大切です。インターンシップ誓約書では、企業情報や個人情報などの外部への情報漏洩を防ぐ機密保持内容や、事故・疾病などのリスクヘッジ内容が含まれます。インターンシップ誓約書の目的や記載内容のポイントについて説明します。、

内定者研修とは?教育目的やプログラム内容を明確にしよう

内定者研修とは、学生が抱える不安や悩みを解消するために、内定者に対して内定期間中に研修や課題を与える、内定者フォローの施策です。内定者に入社意思を固めてもらえる内容の研修を行うためには、内定者研修の本来の目的を再確認し、内定者のためになる研修を行うことが重要です。今回は、内定者が本当に求めている内定者研修を行うために重要となる、研修の目的や内容を基礎から見直していきます。

インターンシップ契約書の目的や注意点、テンプレートとは?

インターンシップの参加者を受け入れるためには、実習時間や実習場所、交通費などの手当、インターンシップ中の事故に関わる保証、情報漏えいなど考慮しなければならない注意点が多くあります。インターンシップの契約書では、インターンシップ中のトラブルによるリスクを事前に回避するために、リスクに関する内容を明確にして契約を交わしておくことが必要です。インターンシップで契約書を設ける目的や注意点、どのような項目を記載すべきかのテンプレートについて説明します。