記事カテゴリー

「 プラセボ効果 」一覧

プラセボ効果が生まれる原因や理由とは?根拠を持って活用できるのか

プラセボ効果は「偽薬効果」とも呼ばれ、本来効果のないものであっても自身が効果があると思いこむことで、実際に効果を出すことです。ビジネスでも、部下が上司から期待されている、自分はできると思いこむことでパフォーマンスを向上させる効果が期待できます。しかし本来効果がないはずなのになぜ効果が出るのでしょうか?今回はビジネスでプラセボ効果が活用できるのか、プラセボ効果が生じる原因や理由について説明します。

プラセボ効果とは?思い込みの力がパフォーマンスを向上させる

プラセボ効果とは、実際には効果がないものであっても信じることで何かしらの改善が得られる心理効果です。部下が上司から信頼されていること、自分は優秀であると思いこむことで仕事のパフォーマンスが向上することが期待されます。今回はプラセボ効果とはどのような心理効果なのかについて説明します。

ホーソン効果とプラセボ効果の共通点や違いとは?自他の認識を活用する

ホーソン効果は上司などの他者が注目することで起こる効果であり、プラセボ効果は他者から見られていると自身が認知することで起こる効果です。ホーソン効果もプラセボ効果もともに良い影響を与える心理効果として知られているため、上手に活用することが大切です。今回はホーソン効果とプラセボ効果の共通点や違いについて説明します。