「 企業文化 」一覧

企業文化を変革して事業の成長につなげる際の注意点とは?

企業文化は事業の成長にも大きく関わっています。アメリカの調査結果では、企業文化は戦略と同じぐらい重要である、文化なき企業は並の業績しかあげられない意見に、多くの経営者や上級幹部が賛成しています。 重要なのは明文化された戦略的な企業文化であることです。企業文化の変革を行う際の注意点を5つ紹介します。

企業文化の分析に必要な視点とは?より良い企業文化を醸成するために

自社の業績を上げるため、企業文化を変化させたいと考えていても、具体的に何から手をつければいいのかわからず、試行錯誤している経営者や人事担当者は多いのではないでしょうか。自社の企業文化をよりよいものにするためには、まず自社の企業文化を理解していくことが大切です。企業文化を構成する要素について知るための要素についてご紹介したいと思います。

企業文化(組織文化)の構成要素や具体例とは?自社の文化を定義しよう!

企業文化とは、企業や従業員が意識的・無意識的に共有している独特の価値観や企業規範、前提条件・ルールなどのことを言います。企業文化は様々な要素に影響を受けて構成されています。企業文化を構成する要素について知ることが、企業文化を上手く活用するコツとなります。具体的にどのような要素が企業文化に影響を与えているのか、企業文化の具体例について説明します。

企業文化(組織文化)とは?定義や概要を知って活用しよう!

企業文化は事業戦略と同じぐらい重要である、企業文化なき企業は並の業績しか挙げられない、と言われるほど、企業文化は企業にとって重要な概念です。企業文化は抽象的な概念であり、類似した「組織風土」や「社風」とも異なる概念ですが、定義があいまいな方も多くいらっしゃるかと思います。企業文化を活用し、業績アップにつなげるために、理解しておきたい「企業文化とは何か」について、説明します。

組織風土や組織文化、社風の言葉の違いを知っていますか?

会社の内部や従業員の人間関係などを示す言葉として「組織風土」「組織文化」「社風」などが用いられます。抽象的であいまいな概念である組織風土や組織文化、社風ですが、厳密には全て言葉の意味に違いがあります。組織風土は社員のモチベーション、組織文化は仕事のやり方、社風は人間関係に影響を与えるものです。人事業務や経営戦略に組織風土や組織文化、社風という言葉を用いる上で、それぞれの言葉の意味や違いを正確に理解できるようになるために、解説いたします。