ジェンハラが発生する理由や原因、具体例とは?対策方法を周知しよう

労働者の約4割がハラスメントを受けたことがある。

ハラスメント(Harassment)とは、いろいろな場面での「嫌がらせ、いじめ」のことを指します。他者に対する発言・行動等が相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることをハラスメントといい、ハラスメントを行う側の意図や意識は関係ありません。受け取り側の主観が重視されるため、たとえそのつもりがない場合でもハラスメントに該当する場合があります。

ハラスメントは、いろいろな場面で発生するため、その種類は様々で、今では30以上のハラスメントが一般的に定義されています。職場におけるハラスメントにも「セクシュアル・ハラスメント」「パワー・ハラスメント」「ジェンダー・ハラスメント」「モラル・ハラスメント」「マタニティ・ハラスメント」など、様々な種類が挙げられます。

日本労働組合総連合会の調査では、職場でハラスメントを受けたことがある労働者は約38%と、職場でハラスメントの被害を受けている人が決して少なくない実態が明らかとなりました。

職場でハラスメントを受けたことがある人の割合
出典元『日本労働組合総連合会』仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019

同調査から、ハラスメントを受けた人のうち44%が「誰にも相談しなかった」と答え、その理由を「相談しても無駄だと思ったから」(67.3%)としていることがわかります。相談を無意味に感じ、相談以前に諦めてしまう、また、泣き寝入りするなど、結果として表面化しない場合もあるようです。

ハラスメントを受けたとき
出典元『日本労働組合総連合会』仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019

世代によって認識に差があるハラスメント

全国就業実態パネル調査では、「ハラスメントを見聞きしましたか?」という質問に対して、65歳以上のシニア世代47.0%が「あてはまらない」と答えています。他の世代が「あてはまらない」と答えた割合が31~35%であることを考えると、世代ギャップにより、シニア世代が「ハラスメントと認識していない」可能性もあります。

パワハラ・セクハラ
出典元『リクルートワークス研究所』全国就業実態パネル調査 2019

今回はハラスメントの一種であるジェンハラが起きる原因や対策例について説明します。

ジェンダー・ハラスメント(ジェンハラ)とは?

ジェンダーハラスメントは「男はこうであるべき、女はこうであるべき」といったように性別で人の行動を制限する発言や態度」のことを指します。また、個人の価値観からこういった侮辱することも該当します。「女らしさ」や「男らしさ」といった考えに固執し、その人らしい生き方を全否定することになります。

多様な生き方が認められた現代において、このような言動はタブーです。何気ない発言も相手がLGBTであった場合ひどく傷つけることになります。

『女のくせにそんなこともできないのか』、『男のくせに弱々しいな』など、性別をものさしにして判断し、相手を非難することです。

ジェンハラの具体的な例について

女性だけに雑用を任せる

最近では女性の社会進出も増えてきており、過去ほど女性に対する待遇の悪さも少なくなってきているように思います。しかし「女なんだからお茶出しをしろ」「この仕事は女には無理」といったように、女性という性別で判断する差別は今でも多く残っています。

JILPの調査によると、女性を姓名ではなく「うちの子」と呼んだり「まだ結婚しないの?」、「どうして結婚しないの?」や「若い子はいいね」「おばさん」という発言をされるという被害が多く発生しています。

参考URL『独立行政法人 労働政策研究・研修機構』職場のジェンダー・ハラスメント

男性だけに力仕事を任せる

男性に対するジェンダーハラスメントとしては、「男のくせに“なよなよ”して」などといったように、男は強くなくてはならないというようなことがジェンダーハラスメントとして考えられます。

「男だから」という理由だけで力仕事を任されることや「男なんだからもっと気合いを入れろ」などと言われることも性別をものさしとした差別であるといえるでしょう。「男は体を使ってバリバリ働くもの」という思想が、日本には根強く残っているからかもしれません。

LGBTによるジェンダーハラスメント

  • 女性の格好で出勤したら、「オカマ」と言われ、トイレに入っているときに上から水をかけられた。
  • 性の意識は女性でも男性でもないが、生物的に女性ということでセクハラを受けた。
  • 性の意識は女性だが、生物的に女性であるために話し方が女性っぽくなり、それを馬鹿にされた。

LGBTとはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーのそれぞれの頭文字をとった略称です。レズビアンは女性同性愛者、ゲイは男性同性愛者、バイセクシュアルは両性愛者、トランスジェンダーは生まれた時の性別と自分で認識している性別が異なる人のことを指します。

LGBTの方に一般的とされている性別の物差しで判断したとしたら、それは大きな苦痛となってしまうでしょう。まだまだLGBTの人々に対する理解が乏しい現代において、今後解決していくべき大きな問題です。

ジェンハラが発生する原因や理由について

ジェンダーハラスメントをしている方(加害者)にとっては、悪気なく無意識で行なっている場合もあります。何気なく言っていることが相手を傷つけていたり、悪気はなくてもそれが相手を精神的に追い詰める言動になってしまっているケースも起こりえます。自分の発言をジェンダーハラスメントだと認識していないことが原因です。

「○○ちゃん」とか「女の子(男の子)」などと呼ばれた側の人が不快に思い「ジェンハラだ!」と感じれば、呼んだ側が親しみを込めて言ったつもりであってもジェンハラ行為となります。

ジェンハラの対策方法について

  • 会社のトップが、職場からジェンハラをなくすべきという明確な姿勢を示す
  • 就業規則をはじめとした職場の服務規律において、パワハラやセクハラ、ジェンハラを行った者に対して厳格に対処するという方針や、具体的な懲戒処分を定めたガイドラインなどを作成する
  • 社内アンケートなどを行うことで、職場におけるジェンハラの実態・現状を把握する
  • 社員を対象とした研修などを行うことで、ジェンハラ防止の知識や意識を浸透させる
  • これらのことや、その他のジェンハラ対策への取り組みを社内報やHPなどに掲載して社員に周知・啓発していく

男性が多い職場や女性が多い職場は異性が入ってきた時に注意しましょう

職場でのハラスメントは多くの企業で起きており、シニア層はハラスメントではないと考えていたとしても若年層はハラスメントだと感じてしまうこともあり、ハラスメントが起きていても相談されないこともあるため、客観的な視点で自社を見直す必要があります。

ジェンハラはセクハラと重複する部分もありますが、男性だから・女性だからと性別で決めつけて判断することが多く、特に男性が多い職場や女性が多い職場に異性が入ってきた場合には発生しやすいため注意が必要です。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ