コーチングとは?意味や定義、目的やメリット・デメリットについて

コーチングが注目されている背景とは?

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。

コーチングは、主に管理職の人材育成手法として注目されています。リクルートマネジメントソリューションズの調査によると、管理職になって以降コーチングを受けたことのある人のうち約9割が「役に立った」と回答しています。

コーチング役立ち度
出典元『RMS』コーチングに関する実態調査

多くの企業において管理職の能力向上や管理職候補の育成が課題となっている中で、コーチングによる人材育成は優先して取り組むべき施策のひとつといえます。

今回の記事では、コーチングの意味や定義、ティーチングとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

コーチングとは?意味や定義、ティーチングとの違いやメリット・デメリットについて

コーチングの起源は、およそ1500年代まで遡ります。コーチ(Coach)という言葉の語源は「馬車」であり「人を目的地まで送り届ける」という意味から、現在のコーチングの意味である「人の目標達成を支援する」という意味で使われるようになりました。

国際コーチ連盟(ICF)では、コーチングの定義を「目標の達成に向けて、その人に必要な知識、スキル、ツールが何であるか棚卸しをし、テーラーメイドに備え付けさせるプロセスである」としています。

コーチングとティーチングの違いとは?

コーチングとティーチングの違いとしては、コーチングは人の能力を「引き出す」、ティーチングは人に「教える」という点に違いがあるとされています。

ティーチングは「相手に知識や能力がないことを前提」とするのに対して、コーチングは「相手に知識や能力があることを前提」として関わっていくところに大きな違いがあります。

コーチングとティーチングでは、コミュニケーションの方法も異なります。ティーチングの場合は、教える人から教えられる人への一方通行となりますが、コーチングの場合は、コーチングをする人とコーチングを受ける人の間での双方向コミュニケーションになります。

コーチングの目的とは?

コーチングを実施する目的は「目標達成に向け、相手が持っている力や可能性を最大限に引き出すこと」です。

コーチングは、ティーチングのように一方的に答えを与えるのではなく、双方向のコミュニケーションを通じて相手に気づきを与え、自発的な行動につなげます。

コーチングには100種類以上ものコミュニケーションスキルがあるとされており、代表的なものとしては「傾聴」「質問」「承認」などが挙げられます。相手の話を「傾聴」して気づきを与えるために「質問」し、疑問や結果を「承認」することで、相手の能力や可能性を引き出すのです。

コーチングを実施するメリットとは?

コーチングを実施するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • コーチングを受けた人が新しい視点や気づきを得ることができる。
  • コーチングを受けた人の可能性ややる気を引き出し、個性を活かすことにつながる。
  • コーチが関わることによって、一人では見つからなかったアイディアが生まれる。
  • コーチングを受けた人の考える力を育て、自発性や応用力を高めることができる。

コーチングの最も大きなメリットは、双方向のコミュニケーションを通じて部下が気づきや新しい視点を得ることによって、目標達成に向けて自発的なアクションが取れるようになる点です。

コーチングは、個人の成長を支援する場合だけでなく、ビジネスコーチングとして組織全体の活性化や業績向上、人材育成や社員のメンタルサポートといった目的にも活用できます。

コーチングを実施するデメリットや注意点とは?

コーチングを実施するデメリットや注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

  • コーチングを受ける人にやる気がない場合は無意味になりやすい。
  • コーチングを受ける人がベースとなる知識や経験などを有していないときには使えない。
  • 一度に大勢の育成が難しい
  • 時間を要する(スピードが求められる環境下では不向き)
  • コーチングをする人とされる人の相性が悪いと逆効果になる恐れがある
  • 価値観が多様化すると、対応やマネジメントが複雑化する

コーチングは、受ける側に知識や能力があることを前提として行われるため、ベースとなる知識や能力がない場合には実施できません。また、部下に対してコーチングを行う場合は、一人ひとりの個性を活かせる反面、価値観が多様化してマネジメントが複雑化する可能性がある点に注意が必要です。

コーチングによる人材育成を企業の成長につなげよう!

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。

コーチングの最も大きなメリットは、双方向のコミュニケーションを通じて気づきや新しい視点を得ることによって、目標達成に向けて自発的なアクションが取れるようになる点です。多くの企業において管理職の能力向上や管理職候補の育成が課題となっている中で、コーチングによる人材育成は優先して取り組むべき施策のひとつといえます。

コーチングによって社員一人ひとりのスキルアップやモチベーション向上を図り、企業全体の成長・事業拡大につなげましょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ