仕事の信頼関係を築く具体的な施策とは?職場環境を整備しよう

上司と社員の信頼関係が会社の生産性向上につながる

人間関係の問題は、90年以上前から注目されています。ホーソン実験が行われるまで「人間の感情は労働生産性に影響を与えない」と考えられていましたが、ホーソン実験によって「職場の人間関係やリーダーシップが生産性に大きく影響を与えている」ことが明らかになり、従業員のモチベーション管理やリーダーシップなどの近代研究につながっています。

Googleが行った「成功するチームの要因」を研究したプロジェクト・アリストテレスでは、心理的安全性が最も重要であると突き止めました。心理的安全性とは、メンバー全員が思ったことを発言したり行動したりしても対人関係を損なうことはないと信じている状態のことで、良好な人間関係が必要不可欠であることを意味しています。

人間関係の一つとして、上司と部下の関係が挙げられます。カオナビの調査によると「上司からの理解が仕事のパフォーマンスに良い影響があるか」という質問に対して約60%の人が「良い影響がある」と答えています。

上司からの理解が仕事のパフォーマンスに良い影響があるか
出典元『カオナビ』カオナビHRテクノロジー総研が、「上司と部下の関係性」に関する調査結果を公開。約6割の社員が「上司からの理解が不十分」と回答

社員が「上司は自分のことを理解してくれている」と信頼していればモチベーションや生産性の向上につながります。この記事では職場の信頼関係を築くための具体的な施策について説明します。

信頼関係とは?どのような状態が信頼関係があるのか

「信頼」という言葉は「安心」という言葉とよく同一視されがちです。この二つの言葉にはどういった違いがあるでしょうか。

安心とは「しっかりとした根拠があり、お互いを信じる」状態のことです。信頼とは「しっかりとした根拠がなくとも、お互いを信じる」状態のことです。根拠の有無が安心と信頼の違いになりあMす。

もっとわかりやすく、職場での例えを挙げてみましょう。安心とは「部下が作成した書類にミスがないか、確認したところ問題なくできていた。」際に感じます。信頼とは「部下に書類作成を頼んだが、信頼できるので、確認せずに進めさせた。」際に感じます。

職場における信頼関係は、逐一仕事や業務を確認することなく任せられるため、安心よりも圧倒的に生産性向上が期待できます。

職場の信頼関係を構築すべき理由について

カオナビの調査から、上司からの理解がパフォーマンスに影響すると答える人が多いのに対して、上司に個性を理解してもらえていると答えた人は42.2%以下です。

上司があなたの個性等を理解しているか
出典元『カオナビ』カオナビHRテクノロジー総研が、「上司と部下の関係性」に関する調査結果を公開。約6割の社員が「上司からの理解が不十分」と回答

調査のなかで部下が上司に理解してほしいことNo.1は「これまでの業務」であることが分かっています。20代~30代においては「性格」の理解が第一位になっています。

上司に是非理解してほしいこと
出典元『カオナビ』カオナビHRテクノロジー総研が、「上司と部下の関係性」に関する調査結果を公開。約6割の社員が「上司からの理解が不十分」と回答

多くの企業がマネジメントをする上で「社員を理解する」ことが非常に重要な課題であることが分かります。「理解する」ことで、相手に合わせた業務の割振りや言い回しの選択をすることができ、「理解されている」と感じることは社員のやる気にも良い影響を与え、会社の生産性も上がるでしょう。

職場の信頼関係を築くための具体的な施策について

職場環境アンケートを実施する

まずは社員が困っていることをアンケートなどで掬い上げることが大切です。アンケートで上がった声は社内で議題に上げましょう。アンケートを実施して終わっただけでは、社員の抱えた問題はクリアしないため無視されたように感じ、かえって信頼をなくしてしまいます。

初期の段階では現実的ではない、身勝手と感じる要求が出てくることも考えられます。しかし社員の意見を取り上げるということは、全て「言いなりになって対応する」という意味ではなく、「”やるやらない”を決める」ことも含むということです。

もちろん、社員にとっては自分の要望に対応してもらえれば嬉しいでしょう。しかし実現しなくても「会社から一方的に拒否された」ことと、自分たちの同僚が「皆で検討した結果、対応できないことになった」ことでは大きな違いがあります。

信頼関係を築く上で大事なのは、自分たちの意見を聴いてもらえることと、それに対して誠意を持った回答をする、意思決定のプロセスが明確にされることなのです。

結果のフィードバックを行う

審議された内容は、議事録を作成して社内で公開しましょう。紙を回覧・掲示するやり方でもよいですが、可能であればメール添付での回覧、グループウェアや社内SNSへの投稿などによって、いつでも誰でも簡単に閲覧しやすい状況にしておくのがよいでしょう。社内SNSなどのシステムがある場合には、コメント機能などを活用し、議事録の内容について社員からの意見があがりやすくする工夫をすることも可能です。

信頼関係を築くためにはまずは社員の声を聴き、社員の気持ちを満たすことが大切です。「事務用品が足りない」「冷蔵庫の使い方にルールをつくりたい」などの小さな声でも拾い上げ、誠実に対応することによって社員からの信頼感が生まれてきます。

上司が社員一人ひとりの声を聞くことで信頼関係が育っていく

信頼関係は社員のモチベーションや生産性に影響するため、会社の経営や組織のマネジメントを行う上で非常に重要です。とはいえ信頼関係があるかどうかは目に見えない情報であるため、客観的に信頼関係があるかを判断することは非常に難しいです。

信頼関係を構築するためには、自分に正直になるだけでなく相手に心を開くことが大切です。信頼関係を築けていない従業員がいる場合には、従業員自身に問題があるのか、他の従業員に問題があるのかを見極めることが大切です。

上司と部下、社員同士の間で信頼関係を構築し、健全で働きやすい職場環境作りに取り組みましょう。

資料ダウンロードフォーム

    「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

    企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
    それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ