記事カテゴリー

「 mitsucari 」一覧

mitsucari適性検査での人事データ分析③〜配属先の決定〜

入社後の配属先の決定には、人員不足・本人の希望・部署や上司との相性など考慮しなければならない点が様々あります。特に業務スキルのない新卒社員の採用時には頭を悩ませる問題ですが、入社1年目は特に組織風土のミスマッチが離職意向に影響するため、慎重に決める必要があります。今回はmitsucari適性検査を使って、部署や上司との相性を可視化し、適した配属先を決める人事データ分析の方法について説明します。

mitsucari適性検査での人事データ分析②〜社風の可視化〜

社風は会社説明会で力を入れて説明した点と挙げられている一方で、早期離職の主要な理由として「社風のミスマッチ・ギャップ」も挙げられており、求職者が「説明された社風」を理解できていない、担当者が実態である「社風」の認識を誤っているなどの問題があると考えられます。社風による早期離職を防ぐためには、誰もが共通認識を持てる形で、自社の社風を可視化・言語化することが大切です。mitsucari適性検査は、抽象的で言語化が難しい社風を客観的かつ具体化できるHRテックサービスです。今回はmitsucari適性検査を用いて、社風を可視化する方法について、ステップごとに説明します。

mitsucari適性検査での人事データ分析①〜ハイパフォーマー分析〜

採用活動を成功させるためには、自社で活躍する可能性の高い応募者を見極めることが大切です。一般的に優秀とされている人物が自社で活躍する保証はないため、自社で活躍している社員から特徴を抽出するためにハイパフォーマー分析を行うことが、採用要件定義や教育研修などに落とし込む上で大切です。採用選考では、育成しやすいスキルよりも変化しにくい性格や価値観に焦点を絞る方法が有効です。今回はmitsucari適性検査を使いながら、ハイパフォーマー分析をする方法をステップごとに説明します。

企業組織における多様性(ダイバーシティ)のメリット・デメリットとは?

グローバル化、グローバル企業などというワードと併用されることがある多様性(ダイバーシティ)。企業や組織における多様性のメリット・デメリットについて、学術的研究の側面からひもとき、どのような状況で目指すべきかを解説します。