記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 ハイパフォーマー 」一覧

    ハイパフォーマーに育成する方法とは?何を育成するかを明確化しよう

    組織の中でも高い成果を出すハイパフォーマー。ハイパフォーマーへの育成戦略は組織として非常に重要です。ミドルパフォーマーやローパフォーマーをハイパフォーマーに育成するためには、まず彼らだけが持ち合わせる特徴を明確にすることが重要です。自社ならではのハイパフォーマーを効率的に育成する方法について説明します。

    ハイパフォーマーの特性の分析方法とは?特徴を抽出して人材活用に活かす

    ハイパフォーマーの特徴が分かれば、採用要件だけでなく、人材育成などの人事戦略に組み込むことができます。組み込むためには自社のハイパフォーマーの特徴を分析する方法を知る必要があります。ハイパフォーマーを構成する要素には①思考や価値観②スキル③行動特性の3つの視点があります。それぞれの視点での分析方法について説明します。

    「ハイパフォーマー」の特徴から人材育成を考える

    売上の8割を生み出すと言われる上位2割の従業員であるハイパフォーマーですが、自社組織で活用する上で、まずはハイパフォーマーの特徴について知ることが大切です。ハイパフォーマーが持ちあわせているスキルなどをミドルパフォーマー、ローパフォーマーに身に付けさせることで、効率の良い人材育成が可能になります。今回はハイパフォーマーの特徴として、思考(価値観)、スキル、行動特性の3つの視点から説明します。

    売上の8割を生み出す2割の人材、ハイパフォーマーの定義や特徴とは

    パレートの法則はビジネスシーンでもよく用いられます。「売上の80%は上位20%のトップパフォーマーから構成される」など、売上に大きな影響を与える人材をハイパフォーマーと考えられます。常にハイパフォーマーとなる人材要件は存在しませんが、活用するメリットや共通する要素などは多くの企業や学術分野で研究がされています。今回はハイパフォーマーとはどのような人材であるのか、概要について説明します。

    ハイパフォーマーとローパフォーマーの関係や割合の法則性とは?

    会社の業績やチーム力をアップさせる上では、高い業績を発揮するハイパフォーマーと低い業績であるローパフォーマーを考慮することが必要です。経済学などでの学術分野ではハイパフォーマーやローパフォーマーの比率や、ローパフォーマーの対応方法が考察されています。今回は特にローパフォーマーに焦点を当て、ローパフォーマーへの対応方法や組織で活かす方法などについて説明します。