• ミツカリの機能
  • 料金体系
  • 導入事例
  • 資料ダウンロード
  • セミナー
受付時間 10:00〜18:0003-6456-4437
ミツカリ logo

従業員満足度を向上させる5つの取り組みを解説!企業事例も

従業員満足度とは?

まずは従業員満足度について、改めて理解を深めましょう。

従業員満足度の概要

従業員満足度とは、従業員が「働きがい」「人間関係(上司・同僚との関係値)」「福利厚生」「報酬」などに対して、どれだけ満足のいく状態を形成できているかを表す指標のことです。英語では「Employee Satisfaction」と呼ばれるため、頭文字を取って「ES」と表現されることもあります。

近年、少子高齢化に伴う労働人口の減少による採用難で、いかに従業員を辞めさせないかが重要視されています。従業員満足度が高い企業は「離職率が低い」「生産性が高い」傾向があるといわれているため、従業員満足度の向上に取り組む企業が増えています。

エンゲージメントとの違い

従業員満足度と似た言葉に「エンゲージメント(従業員エンゲージメント)」がありますが、この2つは「指標」が異なります。エンゲージメントは組織への「貢献熱意や信頼度」を表すのに対し、従業員満足度は職務内容・人間関係・待遇など、職場に対しての「居心地の良さ・満足度」を測ります。

従業員満足度が高いと、従業員は業務内容や人間関係には満足していることになりますが、自発的に貢献したいとまでは思っていない可能性があります。

そのため、職場環境に満足し、かつ従業員を自発的に行動するように対策をするには、まずは従業員が離職しないように従業員満足度を高め、そのあとにエンゲージメントの向上に力を入れると良いでしょう。

エンゲージメント(従業員エンゲージメント)を高める方法は以下の記事でも解説していますので、従業員満足度の向上と併せて理解したい方はぜひチェックしてみてください。

>>エンゲージメントを高める5つの方法!従業員満足度との違いや事例も

従業員満足度が高いと得られるメリット

従業員満足度は一見、従業員に焦点をあてているように思われますが、向上させることにより企業にもメリットがあります。ここでは、従業員満足度が高いことによって得られる企業のメリットを3つ紹介します。

生産性の向上

従業員満足度が高いと、従業員は仕事に対してより高いモチベーションを維持しながら、積極的に業務に取り組みます。従業員が仕事内容や職場環境などに満足していると、安心して仕事に打ち込むことができ、責任感や達成感を抱きやすくなります。

また、従業員満足度が高い職場ではチームワークや人間関係も良好なため、コミュニケーションも円滑になりやすく、相乗効果で会社全体の生産性が向上します。さらにコミュニケーションの活性化により、新規事業や既存サービスの改善など、新たな発想も生まれやすくなるため、業績の向上など好循環を生み出します。

離職率の低下

従業員満足度が高いと組織への帰属意識が強まるため、やむを得ない事情でない限り会社を辞めることが少なくなります。その結果、離職率が低下し、安定した労働力を維持できます。

また、満足度が高い従業員は、友人や知人に会社の労働環境や仕事に関して話すことが多くなり、社外への認知度や評判の向上につながります。これにより、従業員の紹介による採用(リファラル採用)も増える可能性が高まり、求人サイトなどのコストを削減しつつ、優秀な人材の確保が可能となるでしょう。

離職率の低下は長期的な人材の確保・定着を可能にし、組織のノウハウやスキルの蓄積を促進するため、会社の成長もより加速するでしょう。

顧客満足度(CS)の向上

従業員満足度が高いと、従業員は自社の製品やサービスに対しても誇りをもち、顧客対応にも積極的かつ誠実に取り組むようになります。その結果、顧客に対して高い価値を提供できるようになるため、顧客満足度(CS)が向上します。

顧客満足度(CS:Customer Satisfaction)とは、顧客が商品やサービスを利用した際に感じる満足感を指します。

株式会社MS&Consultingが行った調査によると、従業員満足度が高い会社は「売上達成率」「売上前年比」も高いことがわかっています。

「従業員満足度(ES)と顧客満足度(CS)の関係性」調査結果

出典元『株式会社MS&Consulting』従業員満足度と顧客満足度の相関関係

顧客満足度が高いと、リピーターやSNSなどの口コミにより新規顧客の増加が見込めるため、企業の売上やブランド力の向上にも大いに寄与するでしょう。

また、従業員も会社の製品やサービスにも愛着を抱きやすくなりますため、より良い製品やサービスを生み出そうと、製品・サービスの改良や顧客に寄り添った対応を提供したい想いが一層強くなります。

従業員満足度が低い会社の特徴

従業員満足度が低い会社には、以下のような特徴があります。

  • 業務量が多いわりに給料が低い
  • 実績や頑張りが給料に反映されない
  • 残業が多い(サービス残業含む)
  • 休暇が取りにくい(ワークライフバランスの乱れ)
  • 社内の人間関係や空気が悪い
  • 仕事へのやりがいを感じない など

実際にリスクモンスター株式会社が新卒を対象に行った調査では、勤め続けたくない理由に「給料が低い:36.7%」「仕事にやりがいを感じない:17.4%」「残業が多い:12.6%」が上位に挙げられています。

「会社に対する満足度」調査結果

出典元『リスクモンスター株式会社』若手社員の仕事・会社に対する満足度調査

給料や仕事へのやりがい、残業の多さなどは、従業員のモチベーションやパフォーマンスに悪影響を与えるため、企業全体の成長を阻害する要因にもなります。

また、労働環境や給与などの条件が良い会社を見つけたら、従業員が離職する可能性も高まるため、早急に従業員満足度を向上させる施策を実施することが重要です。

従業員満足度を構成する5つの要素

従業員満足度は何によって高まるのか、改めて確認したい人事担当者は多いと思います。ここでは、従業員満足度を構成する5つの要素を解説します。

企業理念やビジョン

1つ目の構成要素は企業理念やビジョンです。従業員が企業の目指す方向性や価値観に共感していれば、会社の一員であることを誇りに持ち、従業員一人ひとりが取るべき行動・選択を的確に判断できます。

また、自分の仕事が会社のビジョンの実現に貢献していると感じることで、モチベーションも高まるでしょう。企業は理念やビジョンを明確にし、従業員に共有することで、一体感を醸成し満足度の向上が期待できます。

マネジメント・評価

2つ目の構成要素はマネジメントや評価です。マネジメントや評価は、従業員のやる気やパフォーマンス、従業員満足度に直接影響を与えます。

マネジメントに関しては「悩みや相談をしっかり聞いてくれる」「部下への適切な指導」「日頃のコミュニケーションや接し方」などの印象が従業員満足度に影響します。評価に関しては「評価基準は明確か」「能力や実績が適切に評価されているか」が挙げられます。

また、マネジメントや評価については、マネジメントを行う上司やリーダー職も高い満足度で仕事ができているかも重要になってくるでしょう。

業務のやりがい

3つ目の要素は業務のやりがいです。仕事に対してやりがいを感じられているか、適切な負荷が保たれているか、自身が貢献できていると感じているかが従業員満足度に影響を与えます。

また、従業員が業務への適正を感じていれば、より意欲的に仕事に取り組み、モチベーションや生産性の向上も期待できるでしょう。従業員が自分の仕事に意義や成長を実感できる環境を整備することも重要です。

人間関係

4つ目の要素は職場の人間関係です。目標が共有され、皆で同じ方向を向いて仕事ができているか、気軽に相談しやすい環境か、他部署との連携もとれているかなど、人間関係の快適さは従業員満足度に大きく影響します。

人間関係が良いとコミュニケーションが円滑になり、安心して働けるため、従業員のストレスも軽減されます。

福利厚生

5つ目の構成要素は福利厚生です。福利厚生には設備環境や職場環境への満足度も含まれます。従業員のニーズを慮して、活用しやすい福利厚生やワークライフバランスを実現させる制度を整えましょう。

充実した福利厚生制度があると従業員は安心して働くことができ、企業への信頼感も高まります。

従業員満足度の向上につながる5つの取り組み

ここまで、従業員満足度を高めるメリットや構成する要素を解説しました。しかし「従業員満足度を上げるには具体的などんな取り組みを行えば良いの?」と疑問に思った方は多いと思います。

ここでは、構成要素をもとに従業員満足度の向上につながる取り組みを5つ紹介します。

企業理念・ビジョンの浸透

企業の理念やビジョンを従業員に浸透させると、従業員満足度の向上が期待できます。企業理念の浸透より従業員同士に一体感が生まれ、会社への信頼度が高まります。また、ビジョンに共感することで、自分の業務がビジョンにどう貢献しているかを実感し、帰属意識が生まれます。

具体的には以下の施策を実施して、企業理念・ビジョンを浸透させましょう。

  • 企業理念やビジョンを定期的に発信する
  • 経営者や役職者が理念・ビジョンを体現する
  • 理念などを体現した従業員のエピソードを紹介する など

発信の際は社内報・社内SNSの活用や、経営者や役職者が研修を実施して、企業理念やビジョンを策定した背景も伝えると良いでしょう。しかし、従業員に企業理念やビジョンを強制すると不信感につながるため、発信のしすぎや押し付けにならないように注意が必要です。

適材適所の人材配置

適材適所の人材配置を行うことで、従業員は自分の能力やスキルを最大限に活かせていると実感し、従業員満足度が向上します。従業員は自分の仕事にやりがいを感じ、成果も上げやすくなるでしょう。

適材適所の配置を実現するためには、従業員の希望を聞くことも大事ですが、企業側も従業員のスキルや適性を見極めることが重要です。適切なポジションに配置するためにも、従業員の適性・特性を客観的に分析できる性格適性検査や人材管理システムを導入すると良いでしょう。

弊社サービスの「ミツカリ」では性格適性検査とエンゲージメントサーベイを用いたHRTechサービスを提供しています。

7問約1分で計測できるエンゲージメントサーベイは、「報酬」「人間関係」「職務適正」など、従業員満足度に関連する項目も可視化・分析できます。

また、サーベイと併用して活用できる性格適性検査で、従業員一人ひとりの性格・価値観・適職などを可視化できるため、適材適所の人材配置も実現できます。上司やチームメンバーとの相性を測る機能も搭載していますので、多くの企業で人材配置・配属の際に活用されています。

離職やエンゲージメントの課題を解決するHR Techツール「ミツカリ」

評価制度の適正化

評価制度の適正化は従業員の報酬に直結するため、従業員満足度に大きな影響を与えます。そのため、公平性のある評価制度を構築し、評価者によるバラつきを最小限に抑えることが重要です。

  • 仕事の成果に段階を設け定量評価を行う
  • 成果に至るプロセスやビジョンの体現などの定性評価を追加
  • 等級ごとに必要なスキルや条件を明確化
  • 給与テーブルを設けて、明確な報酬体系を構築
  • 上司の個人的な好みなどによる主観的な評価の排除 など

従業員が自分の努力や成果が正当に評価され、給料や賞与に反映されることでモチベーションが向上し、業務に対する意欲も高まります。

また、定期的な1on1や評価面談を通じて「昇給するためにはどの項目の達成が必要か」「昇給・賞与のアップに何が足りないか」などを具体的にフィードバックすることで、従業員のパフォーマンス向上も期待できるでしょう。

職場環境の整備

快適で働きやすい職場環境を整えることも、従業員満足度に大きな影響を与えます。近年、働き方の多様化が進んでいるため、従業員が自分にあった働き方が選べることもポイントになってきます。

  • フルリモートやハイブリッド勤務(出社+リモート)の導入
  • 時短勤務やフレックスタイム制の導入
  • コミュニケーションが取りやすいオフィスレイアウトの採用
  • コーヒーマシンやウォーターサーバーの設置
  • システム導入による一部業務の自動化 など

おしゃれなオフィスなど物理的な環境だけでなく、メンタルヘルスにも配慮した環境整備も重要です。業務効率の向上や柔軟な働き方の整備は、従業員満足度の向上だけでなく離職率の改善にもつながります。

福利厚生の充実

従業員満足度を向上させるためには、福利厚生を充実させることも欠かせません。社会保険、交通費の補助、有給休暇が取りやすいことはもちろんですが、従業員の生活をサポートする福利厚生制度を整えることで、従業員は安心して働くことができます。

  • 健康診断や人間ドックの補助
  • 結婚祝い金、出産祝い金
  • 住宅ローン補助、家賃補助
  • 確定拠出年金制度、持ち株制度
  • 資格取得支援制度、有料セミナーへの参加費補助
  • リフレッシュ休暇 など

従業員のニーズに応じた福利厚生を導入することで、より高い従業員満足度を実現できます。

従業員満足度を調査する方法

ここまで、従業員満足度の構成要素、向上させる取り組みを解説しました。しかし、自社の従業員満足度を把握するには、どのように調査を行えば良いのでしょうか。

従業員満足度は大きく分けると、社内で調査する方法と専門業者に委託して調査する方法の2つがあります。ここでは、社内で従業員満足度を調査する方法を2つ紹介します。

アンケートを実施する

アンケートは、従業員満足度を調べる中で最も一般的な方法です。この方法は、自社で独自に調査・分析できるので、自由度も高く、直接従業員の意見や感じている問題点を明らかにできます。

一方で、自社でアンケート内容を考えて調査するため、工数がかかり実施までに時間を要するデメリットもあります。

アンケートによる従業員満足度の調査手順は以下の通りです。

STEP1:調査目的の明確化

まず、従業員満足度を実施する目的を明確にしましょう。「人事施策の見直すため」「従業員のメンタルなど現状を把握するため」「従業員満足度を向上させるため」など、目的を明確にすることで調査項目や質問項目の設定がスムーズです。

STEP2:質問項目の策定

目的を明確にしたら、調査目的に合わせた質問内容を策定します。

例えば「仕事のやりがい」について調査したい場合は、以下の質問項目を設定すると良いでしょう。

  • 現在の仕事にやりがいを感じますか?
  • 現在の仕事に強い興味・関心はありますか?
  • 自分の仕事が会社や社会貢献に役立っていると感じますか?
  • 自己成長を実感しています?
  • 今の仕事内容は自分にあっていると感じますか? など
また、「人間関係」について調査する場合の質問項目は以下の通りです。
  • 同僚やチームメンバーと協力して仕事を進めやすい環境ですか?
  • 従業員同士の関係は良好と感じますか?
  • チーム内・他部署も含め意見交換を自由にしやすいと感じますか?
  • 社内でパワハラやセクハラにあったことがありますか?
  • 人間関係がストレスの原因になることがありますか? など

調査目的に応じて項目内容や設問数を調整したり、役職や入社年数など属性によって変えてみると良いでしょう。質問項目が多いと従業員の現状をより明確に把握できますが、受検者側の負担が増えるため注意しましょう。

より具体的なアンケート項目は以下の記事で解説していますので、項目の設定にお悩みの方はご確認ください。

>>従業員満足度調査のアンケート項目とは?質問の具体例について

STEP3:アンケートの実施

質問項目の策定が完了したら、従業員にアンケートを実施しましょう。

アンケート実施の目的や結果の共有範囲や利用方法など、調査の概要も必ず説明することで警戒心を解き、回答率を上げることができます。期限の設定やリマインドメールを送るなどの対策も回答率を上げるのに効果的です。

STEP4:結果の集計・分析・施策立案

従業員の回答結果を集計・分析しましょう。結果を経営層や従業員にも共有することで、自社の問題点や改善点が明らかになり、より具体的な施策を立案することにつながります。分析が完了したら、従業員満足度を高めるための施策を立案します。従業員の声をしっかりと反映させることで、信頼関係の構築にもつながるでしょう。

調査ツールを活用する

2つ目の従業員満足度を調査する方法は、調査ツールを導入・活用することです。調査ツールは、オンライン上で簡単にアンケートを実施し、データを集計・分析することができます。

調査ツールを利用することで、以下のメリットがあります。

  • 工数の削減:調査ツールは予め質問項目が用意されているため、準備の工数を大幅に削減できます
  • 従業員の負担が最小限:調査ツールは質問項目が絞られ、直感的に回答を選択できるため、従業員に負担がかかりません
  • 迅速なデータ収集と分析:従業員の回答をリアルタイムで収集し、自動的にレポートを作成します。分析も直感的で課題が明確になります
  • 継続的な調査が可能:調査ツールがあれば定期的に調査を実施できるため、施策による従業員満足度の変化も確認できます

導入する調査ツールによって機能が異なるため、自社で従業員満足度を調査する目的や可視化したい内容などをもとに、自社にあった調査ツールを導入・活用しましょう。

従業員満足度の調査や施策にも活用できるHR Techツール

- ミツカリ(mitsucari) - 適性検査とエンゲージメントサーベイで個と組織の力を最大化する

弊社の「ミツカリ」では、性格適性検査とエンゲージメントサーベイを用いたHRTechサービスを提供しています。

ここでは、従業員満足度調査や施策に活用できる機能を4つ紹介します。

サーベイで従業員の隠れた感情を可視化

従業員満足度の項目を調査できるエンゲージメントサーベイ機能を用意しています。

7問約1分のサーベイを実施することで「人間関係」「職務適正」「報酬」「エンゲージメント」「コミュニケーション」の5つの要素を計測できます。

ミツカリエンゲージメント

定期的に実施することで、従業員の感情の変化を可視化できるので、従業員満足度を向上させる取り組み前と後で感情の変化はあったか、エンゲージメント向上につながっているかなど、さまざまな角度からの分析が可能です。

適職や相性の可視化で配置転換にも活用可能

約10分の性格適性検査を従業員に受検いただくことで、性格・価値観・志向などを可視化できます。以下のように、従業員一人ひとりの性格や適職を直感的に把握できます。

ミツカリ 性格タイプ

また、性格・価値観をベースに「部署・チーム」「メンバー」との相性を数値で確認する機能も用意しています。

マッチ結果のスコア

適職だけでなく、部署やチーム、上司との相性も総合的に評価して、適材適所の人材配置を実現したいという人事の方にぴったりの機能となっており、多くの企業様に活用されています。

評価制度に活用できる価値観シート

評価制度で定量評価の項目は比較的設定しやすいですが、定性評価の設定は項目の選定が難しい傾向にあります。しかし、ミツカリの価値観の傾向シートを活用いただくことで、従業員一人ひとりの仕事の価値観が明確になるため、定性評価の項目を決める際に役立ちます。

ミツカリ-仕事に関する傾向のデータ

「仕事」以外にも「ストレス」「行動・活動」「マネジメント」「コミュニケーション」「意思決定」の全部で6つの価値観・傾向を把握できます。

コミュニケーションの取り方をアドバイス

受検者一人ひとりの性格・価値観をベースに、適切なコミュニケーションの取り方をアドバイスしたシートも用意しています。

ミツカリコミュニケーションシート

「従業員満足度が低下した従業員との1on1」「モチベーションが下がっている従業員との面談」で悩みを引き出すことはもちろん、「会話を通じて部下と信頼関係を築きたい」など、日頃のコミュニケーションで気を付けるべきポイントも記載しています。

他にも「採用」「配属」「マネジメント」などに活用できるさまざまな機能を用意しています。無料トライアルも実施中ですので、従業員満足度の調査と施策に活かしたいという方はぜひサービスサイトをチェックしてください。

離職やエンゲージメントの課題を解決するHR Techツール「ミツカリ」

従業員満足度を高める取り組みを行う企業の事例

ここでは「ミツカリ」を導入して、従業員満足度を高めるための取り組みを行う企業の事例を1社紹介します。

医療法人社団 絆尚会

審美歯科や矯正歯科などの歯科事業を展開する医療法人社団 絆尚会様の企業事例です。「課題」「ミツカリ導入の理由」「結果・今後」の3つにわけて紹介します。

課題

ミツカリ導入前は別のサービスを利用していて、採用や配属で役立つことは理解していました。ただ、従業員の特性を把握できる一方で、従業員同士の相性を可視化できないという課題がありました。

弊社では大小あわせて20以上のプロジェクトチームが稼働していますが、メンバー構成は役員や人事の主観で決めており、社員にとって最適な配置配属ができているのかデータで可視化する必要性も感じていました。

ミツカリ導入の理由

  • 人間関係の相性がわかること
  • 個人単位だけでなく組織やチームごとの傾向もわかる
  • 受検時間も10分程度と短時間
  • 管理画面もシンプルで見やすい
  • ストレス耐性やチームワークの考え方なども結果で見れること

結果・今後

「ストレス耐性」を最も確認しており、凄く当たっていると感じています。ストレスに強い・弱いで従業員の良し悪しを判断せず、一人ひとりの向き・不向きの業務があることを理解して、業務の割り振りやコミュニケーションを工夫することで、社員のパフォーマンス向上につながると感じています。

今後もミツカリを活用しながら社員の適性を見極めて、気持ち良く働ける環境をつくっていきます。

>>「医療法人社団 絆尚会様」の導入事例を読む

>>ミツカリのサービスを詳しく見る

まとめ

今回は従業員満足度に焦点をあてて、エンゲージメントの違い、従業員満足を高めると得られるメリットや取り組みなどを解説しました。

従業員満足度は「企業理念などへの共感」「評価制度」「業務のやりがい」「人間関係」「働きやすい職場環境」の5つの要素から構成されます。

そのため「企業理念の浸透」「社内コミュニケーション」「従業員の適性・能力を考慮した人材配置」「公平性のある評価制度」「多様な働き方への対応」などに取り組むことで、従業員満足度の向上が期待できます。

従業員満足度が向上すると離職率の改善やパフォーマンスの向上、チームワークも強化されます。従業員がイキイキと働ける職場環境を構築するためにも、従業員満足度の向上に取り組みましょう。

弊社サービスの「ミツカリ」では、性格適性検査とエンゲージメントサーベイを用いたHRTechサービスを提供しています。

7問約1分のエンゲージメントサーベイは「人間関係」「報酬」「職務適正」など、従業員満足度に関連する要素を数値で可視化できます。また、性格適性検査も併用することで、性格・価値観をベースに適材適所の人材配置や定性評価の設定などにも活用いただけます。

従業員満足度の調査から取り組みまで、一貫して使用できるHRツールがほしいと考えている経営者・人事担当者は、ぜひミツカリのサービスもチェックいただけますと幸いです。

離職やエンゲージメントの課題を解決するHR Techツール「ミツカリ」
mitsucari image

ミツカリ
会社や組織のミスマッチを予測し、早期離職を未然に防ぐ

4,600社が導入し、326,000人が受検した適性検査。応募者の人物像、社風との相性がひと目で分かり、多くの企業で離職率が改善されています。採用面接だけでなく、内定者フォローや採用要件定義など、様々な人事業務でミツカリが活用されています。

これらの記事もあわせて
よく見られています

その他、お客様から評価いただいているポイント

反映される
すぐに結果を反映
受検後すぐに結果を確認できます。入退社や異動による変更があっても、リアルタイムに組織特徴結果が変化します。
ストップウォッチ
最小限の受検負荷
適性検査はパソコンやスマホから10分で回答できます。社員の受検費用は無料です。
ドキュメント
現場の方でも使いやすい
人事以外の現場の方でも使いやすいツール設計です。診断結果は普段PCに触れない方でもわかりやすいシンプルさを重視しています。
人材
貴社に合った人材モデルの作成
貴社において重要視される価値観を抽出した人材モデルの作成が可能です。理想のモデルと近い人材の採用などに活用できます。
ピラミッドグラフ
業界平均との比較サービス
同業界の人材データから比較を行い、貴社の傾向をご提示します。トライアルで事前受検頂ければ、初回面談時でもお見せできます。
フリートライアル
無料トライアル
ミツカリの機能をご体験頂いた上で導入検討が可能です。アカウントは継続利用が可能です。
棒グラフ
改善事例が豊富
効果検証に時間のかかる離職率改善事例が多数あり、4000社以上の支援実績から、貴社に適した運用方法を支援できます。
南京錠
高いセキュリティ性
ISMS(ISO27001)・Pマーク取得・SSLによる全通信暗号化・IPアドレス制限・脆弱性対策などを行い、上場企業でもご利用頂いています。

ミツカリサービス資料の他に、人事課題の解決策など
お役立ち資料をご用意しております

ミツカリ概要資料

ミツカリ概要資料

3分で分かるミツカリのサービス説明資料です。

実際の画面を見てみたい、無料トライアルに興味があるなど
検討段階でも気軽にお問い合わせください。
icon
icon
icon
メールや電話、チャットなどでも
サポートを行っております。
icon
03-6456-4437
icon
info@mitsucari.com
受付時間 10:00〜18:00 ※土日祝・弊社指定休業日を除く