ミツカリの仕組み全体像

なぜ性格・価値観がわかるのか

ミツカリは、近代心理学において最もメジャーである「ビッグ・ファイブ理論」をベースにしています。ビッグ・ファイブ理論とは、性格を5つの独立した要素に分けて計測することで、千差万別の人間の性格をおおまかにパターン化する理論です。

ミツカリでは、5つの性格に「仕事をするうえで特に重要となる価値観」を加え、最新の心理学研究や自社調査によって計14の要素を抽出しました。その過程では、社会心理学の権威であるカリフォルニア大学バークレー校のキャメロン・アンダーソン教授、および、AI技術に詳しい京都大学大学院の田島敬史教授に監修を頂き、精度を担保しながら設問数を最小限に抑えました。

一般的な性格検査は300問以上で30分かかりますが、最新の心理学研究の理論を組み込むことで、精度を担保しながら10分72問で検出できます。受検負担を軽減したことで、社員の方々にも手軽に受けて頂けるようになり、社員と受検者の相性を見ることが容易になりました。

なぜ組織との相性がわかるのか

ミツカリは、社員の方にも適性検査を受検して頂くことで、組織を分析して相性を算出しています。

組織は、個性ある多くの人が集まって構成されています。個性の中にも共通する価値観が存在し、それが社風を決定付ける要因であると考えています。組織全員にミツカリを受けて頂き、共有している価値観を明らかにすることで、組織の傾向を可視化します。「起業家精神がある人が多い」「やや保守的な人が多い」などの印象を数値化することにより、各求職者がどの程度組織に合うのかを比較できるようになりました。

価値観の数値化、および求職者との相性算出にはAIを活用しており、機械学習によって分析の精度は向上し続けています。

ミツカリの価値

ミツカリは、早期離職の最も大きな原因とされる「人間関係や社風とのミスマッチ」を防ぐことで、早期離職を未然に防ぎます。

早期離職は多くの業界において極めて深刻なテーマになっています。採用候補者のストレス耐性をチェックしたり、入社後の待遇を改善したりすることで対策する組織も増えてきましたが、依然「人間関係や社風とのミスマッチ」問題は解決していません。「人間関係や社風とのミスマッチ」は、生涯に渡って変化しにくい性格や価値観が要因であるため、採用前に相性を見極めることが大切です。

我々は「求職者との相性」を見極めることで、問題解決をサポートします。実際にミツカリを使い、離職率を劇的に改善されたお客様も多くいらっしゃいます。
株式会社ロジクエスト - ミツカリ導入事例

同じような人ばかり採用することになるのではないか

「同じような人ばかり採ってはいけない」「金太郎飴のような組織になってはいけない」など、近年、組織内の多様化が叫ばれています。

しかし、とにかくタイプの違う人を採用すればいいというわけではありません。社会貢献を重視する組織に自分の利益だけを考える人が入ってしまえば、価値観や仕事の進め方の違いからミスマッチが生まれ、早期離職を引き起こす原因となります。組織で共有されている重要な価値観を見極め、多様性を持たせても問題のない価値観で組織内の多様化を実現することが大切です。

ミツカリは、各社で異なる重要な価値観を分析して相性の判定を行っているため、どのような価値観で多様性を持たせても問題ないのかも分かり、ミスマッチを起こさない組織の多様化をお手伝いします。

  1. TOP
  2. ミツカリの仕組み全体像