採用ご担当者様
お問い合わせ

導入事例

「学生さんと企業に新しい出会いをもたらせるツールです」

Career design center
Career design center logo
株式会社キャリアデザインセンター
転職・人材紹介
いい仕事・いい人生を企業理念として掲げ人材領域で幅広い事業を行っている株式会社キャリアデザインセンター。新卒・中途の領域でイベントも多数開催し、そのイベントの中での施策の一つとしてミツカリを導入。キャリアデザインセンターのミツカリ活用法について、新卒マーケット事業部の岡元宏薫さんにお話を伺った。
Mitsucari list mark ミツカリ導入に至った経緯に関して教えてください。
岡元さん:主な理由は二つあります。ご出展いただいている企業様へのサービスの品質の向上と参加いただく学生の皆さんへの新たな視点での企業選びの提唱ができる点です。一つ目の「サービスの品質の向上」ついては、イベントの特徴をより強固なものにすることを考えていました。今回導入したスカウトセッションというイベントのシリーズは、特徴として単なる合説とは異なり、当日のその場で面談を受けることができ、且つその結果次第では特別待遇枠で候補者の選考をすすめることのできる「プラチナチケット」を発行できるという制度を持っているところにあります。企業にとってはある程度、その場での自社と候補者の親和性を確認でき、且つ有効な候補者については「プラチナチケット」の発行で今後の選考をスピーディーに進めることもできるため効率の良い採用活動につなげることができます。現状でもこのイベントをきっかけとして、多くの内定が生まれているのですが、課題としては学生が会場内で訪れるブース訪問先については偶発的なきっかけによるものが多いことがありました。企業にとってミスマッチな方だけが訪問することも可能性としてあります。そこで、近年話題の人口知能テクノロジーによる適性分析を使い、学生の皆さんに適したブースの案内を行うことにより、企業にとって有効になりやすい候補者の訪問が増えればと導入を考えました。二つめの「学生の皆さんへの新たな視点での企業選びの提唱」とは、長いキャリアを考えた上での人生の選択をしていただきたかったからです。昨今就職活動期間の短縮や、WEB上での表面的な情報過多の影響により学生の皆さんの企業選びの軸は「有名」な企業や「給与」のいい企業と目先の情報に引っ張られてしまう傾向があります。これから50年働くことを考えた上での企業選びをしている人は減ったような気がしています。そこで、ミツカリの適性分析によって測れるカルチャー面での企業とのマッチングを行うことは学生にとって新たな企業選びの軸を見いだせるきっかけになるのではないかと考えました。
Mitsucari list mark 具体的にはどのように使っておられますか?
岡元さん:スカウトセッションでのイベントにおける企業と学生さんのマッチングで使っています。イベント開催前に登録の時点で学生、企業の現役社員の双方にテストを受けてもらっていてマッチ度合いの高い三社をまとめたレポートを会場にて配布しています。特に学生はキャリアに関して考える軸が確立されていないケースもありますので、自己理解を高めるツールとしても非常にニーズが高く、来場者の半分がわざわざミツカリのブースに結果を聞きに行ったのは驚きでした。この結果を知りたくて来てくださる学生も多くいらっしゃるようでした。学生さんからのアンケートの中では「これからの人生を考える参考にもなった」や「自分の知らなかった会社に出会うきっかけとなった」などのお声をいただき、90%以上の学生さんから満足したという回答や企業のブース訪問がしやすくなったと回答を頂きました。企業側も登録に必要な人数を越えても人数を追加して受検していただけるケースも幾つか出てきていて感心は高いように感じます。定性的ですが実際のブースの訪問につながっている手応えは受けています。
Mitsucari list mark 岡元さんから感じられる他のサービスとの違いはなんでしょうか?
岡元さん:他の検査との違いは問題数を50問に抑えていること、スマホで受けられること、そしてリアルタイムで結果を集められる仕組みにあると考えています。イベントによってはその場で答えて回答のシートを取りに来る人が5割になることもありますが問題なく検査結果をお渡しできております。個人的には今までの企業側から求職者側を検査する一方通行なスクリーニングから、双方に合う人を探すマッチングになっている点も良いと思います。今まで可視化の難しかった企業側のカルチャーや、社員のリアルに働いている姿をイメージしてもらえる所が、求職者側に響いていると思います。
スカウトセッションの結果によるエンゲージメント力の向上はリアルなイベントで体感できたため、これからはキャリアデザインセンターの違うビジネスとのコラボレーションも岡元さんは考え始めているとのこと。ミツカリは、カルチャーのフィットする求職者と企業との出会いに貢献している。
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。